管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || アンテナ || PUT || more≫ ≫omit
shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage ||[edit]
category: WikiLab/About

WikiLab/About/Popularity - その後、Wiki はいかがでしょうか。

LastModified : Tue Dec 7 17:57:49 2004
[管理]

その後、Wiki はいかがでしょうか。

2004/11/20(Sat) 現在。

[TOP↑] [管理]

今年の4月に「Wiki が流行らない理由を考えてみた。」なんてことを書いたんだけど、ふじさわさんのところで久々に関連の話題が上がっているのを見て、思い出した。どうでもいいけど、今年の 6月辺りはまだ「最近」として認識されているんだけど、4月は、というか、この記事を書いた辺りは、「随分前」な感じがする。

現在の認識を一言で言うと、「いやぁ、大分流行りましたね」と思っている。

私のインターネットの利用状況は、Wiki 以外のトコロでは、「ごく普通」だと思う。 Wiki 関連以外では、定期的に巡回しているサイトもなく、「ネットサーフィン」とかいうことも、しない。 時々オンラインソフトを探したり、InterLink ってどうなのってのを調べたり、仕事で調べ物があれば検索するけど、頻度としては決して高くない。月に数度、という程度。 一番よく利用しているのは、新聞と一緒でテレビ番組表かもしれない。 知人がオンラインショップやオークションで買い物をしている話を聞いて、「へーすごいねぇ」なんて感心したり、「大丈夫なの?」と心配してみたりする。時々 2ch 辺りの面白い過去ログを読み始めて、無駄に時間を潰したりする。

そんな感じでいて、4月の頃は、ほとんど Wiki の近所を散歩しているときにしか Wiki を見たことがなかったんだけど、最近は、「全く関係ないところ」で Wiki という名前や Wiki サイトを見かけるようになってきた。 今日も、ずっと以前に使ったことのあるオンラインソフトの名前を久しぶりに見かけて、なんとなく配布サイトに行ってみたら、Wiki が使われていてた。

4月の時点でも、「今の状態で充分、"必要なところ" には既に行き渡っている」という意見はあった。 私も、「Wiki が流行る」の定義を、「猫も杓子も WikiWiki」なんて考えていたわけではなくて、「必要があるときに名前が上る」程度に普及することと考えていたので、11月現在、「Wiki は結構流行ってきたね」と言っていいんじゃないかと思うんだった。

ついでに、blog と Wiki。

[TOP↑] [管理]

ふじさわさんのところ から辿って、blog と Wiki の比較をいくつか読む。私はこれまでそういう比較をしたことがなかったんだけど、それは「blog を使ったことがないし、知識としてもよく知らないから」。 今更なんだけど、ものすごく表面的なところで、一つ、私が「blog ではなく、Wiki だった理由」を書いてみる。

「私が "blog って何よ" と思った当時、簡単に自分のサーバに設置できる blog のシステムがなかったから」

「よく解らないけど、ちょっと試してみたい」だけで、どこか外部のサービスを利用するという考えが、私にはない。 「なんか申し訳ない」感じがしてしまうし、レンタルの手続きみたいなことをするのが「面倒くさい」と思ってしまうし、 「よく解らない」ので、「なんか勘違ったことをしでかしたらどうしよう」と怯んでしまったりもする。

多分、私の感覚のほうがちょっとヘンなんだろうとは思うけど、私にとっては、「自分で設置して使う」方が、「敷居が低い」。

実際、Wiki に興味を持った時には、「他所」で勘違いをやらかさないように、SandBox を利用するのではなく、自分のところに設置した。

「初めて Wiki を見て、初めて "編集" を体験した人は、本当に編集できちゃうことに驚くだろうねぇ」

「その驚きは何に起因するもんなの?」

というお話で AsO さん・ふじさわさん・rica が遊んでいた

WikiLab/SuchWiki/ReplayWiki

この IRC ログで、削除された rica の発言。

入り口を抜けて「使い続ける」ことを考えた時も、「手元に置けない」のが、なんだか不安でもある。サービスがいつまで続くのか解らないし、データの管理がどうなっているか解らないと、もし他に移動することになったときに変換できるのか悩んでしまう。

そんなわけで、blog との比較で言えば、「手元で管理できる」という理由で、Wiki を使い始めたわけなんだけど、実際にやってみたら手元にあるおかげで改造なんかも出来てしまって、最近では blog ではないけど mixi という「他所の場所」を時々利用しながら、「ああやっぱり、手元にないので痒いところに手が届かないわ」と思うのだった。

* * *

でも、「じゃあもしも、簡単に設置できる blog があったら、Wiki と並べて使ってみて、どっちを採用したか」と聞かれれば、やっぱり Wiki だろうとは思うのだ。多分、以下の理由によって。

Wikiは、コンテンツマネージメントというよりも、ページマネージメントというものだ。

arclamp WikiとBlog

私は、必ずしも「より文章ということに集中するならBlogを。」とは思わないのだけど#1、「ページを作る」ということが好きなのは、確かなので。

掲示板や日記用の CGI と何が違うの?:ページ単位で管理する。

「ページ単位」というのは、結構ユニークな管理方法のような気がします。個人的には、一番 Wiki を「扱いやすい」と感じる点です。

Wikiとは

2004/11/20(Sat) 00:42:53

2004/04/01(Thu) 辺りに書いた「Wiki が流行らない理由を考えてみた。」

[TOP↑] [管理]

Wiki が流行らない理由を考えてみた。 流行りゃいいのかどうかは不明。

StoreRoom/2004/04-01 に戻る

WikiLab/2004/04WikiLab/2004/04 Wiki が流行らない理由を考えてみた。

RandomNote:1080533282.txt

一番の理由は「作者らはWikiをメジャーにすることに興味がない」という事だと思います。自分の哲学を自分の好きな言語で自分の好きなように組んでいるだけというか。

Wikiが流行るためにはWikiを流行らせるために時間やアイデアを惜しみなく注ぎ込む人がまず必要だと思います。

というのを読んで、記法とは全く関係なく、「Wiki が流行らない理由」を考えてみた。

ちなみに私は、「Wiki は便利だ」と思うので「流行るといいなぁ」と思っている。単に、「必要を感じて Wiki を設置した時に、一々 "Wikiとは" の説明から始めるのは面倒」という利己的な理由なんだけど(「Wikiとは」の説明は書いたけど、あれは読む前から Wiki に興味を持っている「設置者」向けのもので、あまり訪問者を想定して書いていないので、平気であんな長い文章を読ませようとしているのだった)。「掲示板設置したよ〜」「わ〜い」と同様、「Wiki 設置したよ〜」「へ〜」で済めばラクだもの。

* * *

すごく素人臭い考えなんだけど、「配布」を目的に Wiki を作る人が(まだ)少ないからじゃないかなぁ。ほら、「CGI 配布サイト」なんかに行くと、掲示板だけで 4・5 種類もあって、その上カウンターとか日記とかメールフォームとか数種類取り揃えてあったりするんだけど、あれって「自分で使う」ために作ったものの他に、最初から「配布」を目的に作られてて、自分が使うことを考えてないものがあるんだと思うのね。

私は現在目的別に 4つの Wiki を使ってるけど、その目的ごとに必要な機能が違う。Wiki って用途が広いんだけど、それだから、目的がハッキリしてると足りないところが出てくる。でも、目的が決まっちゃってる分、「こう使いたいので、この機能をつけてください」と要望を出しても、作者が「自分で使うため」に作っている場合、「自分はそういう風には使わないもん」という理由で蹴られてしまったりする。特に「自分で使う」が「自分のメモを取るために使う」だったりすると、「サイトの主催者が、訪問者のため」に考えることとすれ違ってしまう。 掲示板感覚だと、自分の使いやすさと同じくらい、訪問者の使いやすさが大事。だって「どんどん書き込んでもらわないと困る」もの(「管理者の書き込みしかない掲示板」はかなり寂しい。掲示板感覚なら、私の書き込みが 9割以上を占める sbox は、「管理者だけが必死で書き込みをしている寂しい場所」だったり(笑))。

例えば、私が使っている中では一番「訪問者用」に考えている、知人共有の「アルバム Wiki」から、「私はこの方が便利なんだもん。他の人は多分そうじゃないと思うけど」という要素を取っ払って(とりあえず、改行が <br> に変換されないところとか)、もっと「アルバム用」に便利な機能をくっつけて(今は WalRack を使ってファイルアップしてるんだけど、ちゃんと Wiki 自体にファイルアップ機能をつけて、記法を使ってアルバム風に整形しているところを、画像のファイル名で判断して整形するように工夫してみたりとか)、「皆でアルバムを作って、ワイワイ書きこめる Wiki だヨ!!」なんていう風にすれば、その Wiki の出来とプレゼンテーションの仕方によっては、ナウでヤングな層にもウケたりするんじゃないかなぁ、と思うんだけど。

で、私は、Wikiを流行らせるために 多少時間の惜しみながら労力を注ぎ込む人になってみてもいいとは思うんだけど、注ぎ込む技術力がないのが、致命的。ダメじゃん。

  • Wiki ムリヤリ 営業部のまとめ。
    • 「自分が使う」ことを度外視して Wiki を作る。
    • 必要としてない人に明確な「目的」を提示して、「それいいかもっ」と思わせる。
* * *

と、ここまで書いて、ちょっと ninjin さんの言う記法の話と繋がっているかもしれないことに気付いた。

つまり、私が上のような「アルバム Wiki」を作るとすると、それはアルバム風整形の辺りで「よく使われている Wiki 記法」とは全然違うものを採用することになるね。

「アルバム用」の Wiki や、それ以外の目的を絞った Wiki が、本当にその目的に適った記法を採用するなら、「他の Wiki」とルールが違っても、あんまり混乱せずに受け入れられるのかもしれない。 「日記用 Wiki」(日記は日記用の CGI を使えばいいんだけど、他に例がぱっと思いつかなかったので…)があったとしたら、「一行が日付のみだったら見出し」とかね(あんまりよくないな…)。

アルバム Wiki。

  • 2004/04/02(Fri) 12:06:13 それでね、「ナウでヤングなアルバム Wiki」を作るのは無理だけど、ちょっと仕様(?)みたいなのを具体的に考えてみようかなって思ったの。でも言葉で説明してるうちに、HTML の部分だけでも書いたほうが早いか、と思ってやり始めたらね、「ぐぉぉぉ、めんどくせぇぇぇっ」。しみじみ、一つのソフトウェアをきちんと作る皆様に頭が下がる思いがしたの。
  • 2004/04/02(Fri) 13:08:52 ふじさわ : あのね。めんどくさい気持ちはよく分かります。たぶんぼくら(ぼくも入ってる……?)がうまくやっていけてるのは、それがちょっとずつでも動くからなんです。ちょっと作っては「あ、動いた♪」、ちょっと作っては「あ、こんなことができるようになった♪」というのが、とてもとてもうれしいのです。プログラムがただ動くだけじゃなくて、「そのうちきっと独り立ちして、初期コストを回収してくれる」という楽しみがあるなのかな? 動かないものを書くのだと、たぶんめんどくさくて挫折します。
  • 2004/04/02(Fri) 13:21:02 rica : 結構納得!!(笑) 「動く」ものに興味を引かれるのは動物の本能だ、うん。「動く」だけでもコスト回収なんじゃないかな。関係ないけど、カエル(だったかな)とかが「静止しているものが見えない」と聞いたときは感覚としてよく解らなかったんだけど、Web の、背景に花は降るわ、gif アニメはチカチカするわ、メッセージはあちこちで流れるわのページで、気が散ってちっとも本文が読めないことがあったときに、初めてカエルの視覚が理解できた気がした(笑)。
  • 2004/04/03(Sat) 11:43:11 ninjin : PHPなんかはいきなり動くところから始められるので、最初に始めるにはいいんではないかと思っています < 詳しくは知らない。
  • 2004/04/03(Sat) 11:44:00 ninjin : 個人的には、基本のWikiは粘土のようなもので、日記としてもPIMとしてもスケジュール管理システムとしてもコラボレーションツールとしても掲示板としても使えるけど、その全てに特化してない事が最大の長所であり、ぬぐえない短所であると思っております。その意味でアルバム Wiki はアプローチとしてアリではないかと思いました。
  • 2004/04/03(Sat) 12:25:52 rica : いいですね、「Wiki粘土」(^-^)。私もそこが気に入ってるんだと思います。で、今 WikiRules の辺りに潜ってまたゴソゴソ書いてたんですけど(笑)、粘土遊びが好きなのは「A群」とか「B群」で、「C群」には敷居を高く感じさせるんでしょうね。よく「にぎわう掲示板を作るには」なんかで、「自由にお書きください」と言うより、「このテーマについて」と限定したほうが書き込みが増える、なんて言われたりしますけど、それと一緒で。
  • 2004/04/03(Sat) 12:37:58 rica : う〜ん「アルバム Wiki」、グダグダ言ってないで本当に作って試してみられるといいんだけどなぁ。「初めての工作」にしちゃ大作過ぎるというか、クライアントである自分の要求が高すぎるというか…。ダメだ〜っ逃げちゃダメだ〜っ!!
  • 2004/04/03(Sat) 12:41:25 rica : というか、「自分で使う」ため だけ なら、バグを回避しながら騙し騙し使うんでもいいんだけど(笑)、「人に使わせるように作る」のが大変ってことなんだろうな。

Wiki の ABC。

  • 2004/04/03(Sat) 16:46:05 AsO : 「A群」とか「B群」で、「C群」。全然唐突に「WikiminA群B群C群」とか思ってみたり
  • 2004/04/04(Sun) 09:30:15 rica : さらに WikiminA症候群? とか WikimAchiBC郡? とか無茶な読み間違いをしてみたり。
  • 2004/04/04(Sun) 09:31:58 AsO : WikiminA欠乏症っていう展開を見せたり
  • 2004/04/04(Sun) 09:33:34 AsO : 肝油を採れ〜。とか、踏み外していったり
  • 2004/04/04(Sun) 09:35:17 AsO : レモン10個分のWikiminCなどと、さらに散らしたり
  • 2004/04/04(Sun) 09:43:53 rica : 「ぐん」を外して展開するのは反則だと思いながらも、「よく兄ちゃんの肝油くすねて食ったっけなぁ」と思い出に耽ってみたり。
  • 2004/04/04(Sun) 09:51:51 AsO : WikiminA群B群抜きでは今のWikiって栄養不足でよわっちゃうのかなぁ。
  • 2004/04/04(Sun) 10:06:11 rica : バランスよく栄養を取るのは大事ですからね。むしろ今欠けているのは C軍ですが、数的優位の前にたじろぐ A郡住民は引越しを考えたりとか。
  • 2004/04/04(Sun) 10:36:17 AsO : うちの古参ユーザさん達や顔見知りさん達はC群なのかな、「Wikiだから使いたいっ」っとはひとっつも 思っていないようですてことはD群?。でも少ないながらも定着してくれてるのでBとしては頑張っちゃうよね。
  • 2004/04/04(Sun) 10:50:07 rica : う〜ん、「Wiki だから使いたいっ」とは思わないのが C群じゃないのかなぁ。「その 場所 に居着きたい」とか、「偶々通りすがって、興味のある 話題 に入りたい」とか。B群のみなさんは、Wiki の機能云々から C群を取り込もうとするのもアリだけど、場所の雰囲気とか話題作りとかで、気付かれないように C群の背後に忍び寄るがいいのだ。
  • 2004/04/04(Sun) 10:57:46 AsO : だとすると、あの人口比率がよくわからんのだけど、まぁいいや。そうかC群を捕まえればいいのか。…って、それってA群とかB群では無理でないの?そもそもC群って存在しているの?
  • 2004/04/04(Sun) 11:06:42 rica : う〜ん、Wiki に限らず、掲示板でも Webサイトでも、B群の多く(もないのかな)は「C群を捕まえるために日々努力している層」じゃないのかなぁ。「アクセスアップのために」云々とか。言っていることが少しずれている?
  • 2004/04/04(Sun) 11:13:17 rica : 「掲示板」作者は掲示板における A群なんだけど、この A群には B群を取り込むことを考えてる人が一定数いて(上に書いた、「最初から配布するために作っている」ような)、そうすると A群<B群<C群 という風に要望が上がって受け入れられたりするんだけど、Wiki の場合はどこかで途切れてしまう。
  • 2004/04/04(Sun) 11:14:51 AsO : B群はそうだと思います。C群って掲示板は知ってたけど一度触ってWikiを敬遠しちゃった層なのかと思いました。で、まったくWikiと認識していない層や、動的Webと静的Webページの区別もまだ知らない層もそこに入るのかな。A/Bの方について言及されてるけどCについてはよく見えないんですよねCの為の標準化のはずなのにね。C群はまだなにも言っていないんじゃないかなぁ。とりあえず栄養とって来ます
  • 2004/04/04(Sun) 11:27:27 rica : 私は「今話し合われている標準化」も AとB のためのものだと感じています。もし、C群を取り込むためなら、標準化するにしても、もう少し違った方向になると思います(例えば桶さんの日本語記法とか)。
  • 2004/04/04(Sun) 11:34:31 rica : 元々の定義が
    • B群:サイト設置者(HTMLはそこそこでCGIも設置は出来る。ファイルを開いて変更したりパッチはあてれるがプログラムはできないかもしれぬ)
    • C群:メールとウェブサーフィンと掲示板巡りが中心のライトユーザー。サイトを持たないし当然HTMLもプログラムもわからない)
  • なので、一度触ってWikiを敬遠しちゃった層 は B群にもC群にもいると思います。B群の場合、単に「なんだかよく解らない」の他に、「なんとなく面白そー」だとは感じながら、イマイチつかみ所がなくて「何に使ったもんかなぁ」とか、「Cの取り込み方が解らないので使わない」とかの挫折の仕方もあると思います。私の場合は「なんだかよく解らない」より「でもなんとなく面白そう」が上回ったので、まず個人用メモに使ってみて、「やっぱり面白い」と思って、「意地でも Cに使わせてやる」 「ねぇねぇ、みんなぁ、rica っちと遊ぼうよぉ。楽しいおもちゃだよぉ」と思ったのです。< sbox じゃなくて「アルバム Wiki」の方です)。
    • sbox は、当初は「B群として B群を取り込む」ために公開したはずだったのですが、どういうわけか A群のお兄さんに遊んでもらう場所になってしまいました。
    • 2004/04/04(Sun) 13:48:14 yakty : 私は絶対お兄さんでは無いと思うんだけど、A群のお兄さんに遊んでもらう場所っていうよりも「A群のお兄さんが遊ぶネタを見つける場所」になってる気がする…
    • 2004/04/04(Sun) 13:54:22 rica : えっ先生はお姉タンだったんですかっ!?
    • 2004/04/04(Sun) 13:57:13 yakty : 実は…(*^_^*)…じゃなくてricaさんの方がお姉タンでしょ?
    • 2004/04/04(Sun) 14:01:26 rica : ね…年齢は関係ないんだぞっ(`・o・´)。
    • 2004/04/04(Sun) 14:04:27 yakty : えーそうなのー(・o・)。
    • 2004/04/04(Sun) 14:25:02 rica : sbox は年功序列じゃないキビシイ世界なのだd(・_・)。
    • 2004/04/05(Mon) 11:51:00 AsO : ricaさん「Wikiマッダ〜ム説」浮上。マッダ〜ムってパトリオットで打ち落とされそうな響きだな。って、あれは「アル・フセイン」か。
    • 2004/04/05(Mon) 12:00:34 rica : 浮かんだものは沈めてください。
  • 2004/04/05(Mon) 12:40:27 たろう : 打ち落とされて、撃沈?
  • 2004/04/05(Mon) 12:50:23 AsO : の神に祟り無しって感じ? (このページは良い事を言ってるのだけど、どうも台無しにしつつあるな私が)
  • 2004/04/05(Mon) 13:14:41 rica : そうそう、ここ数日、お客様がいつもよりちょっと多いようなのでね、皆さん、キリっとお願いしますよ、キリっと(`・_・´)。授業参観の日の先生より。
  • 2004/04/05(Mon) 14:08:55 yakty : キリっ(`・_・´)。
  • 2004/04/05(Mon) 14:13:00 AsO : シャキ。かぁさん。タキシードはどこに仕舞ったてたかの。
  • 2004/04/05(Mon) 14:49:25 rica : みんな、解ってくれて先生嬉しいわ。AsO くん、そこまでかしこまらなくていいのよ。あくまで「普段通り」を装うのが、参観日の極意ですからね。
  • 2004/04/05(Mon) 15:20:19 AsO : 子供って小さい時から取り繕いの練習をしてきたのだなぁ。
  • 2004/04/05(Mon) 15:25:20 rica : 「社会性を身につける」の中には、「取り繕い方を覚える」というのも含まれていたりするしなぁ。

すごく形而下なトコロで。

ユーザー管理。

2004/04/04(Sun) 13:18:53

B群にとっては「誰でも自由に編集できる」ということへの怖さっていうのもあるんだろうなぁ。 現状でそんなに問題がないのは、「Wiki のとっつき難さ」のおかげで「通りすがりの C群」が編集することがあまりないから、という面がないとは言えない。「通りすがりの C群」を取り込みたい B群にとっては、そんな現状で「今のところそんなに問題がない」ってのは、あまり心強い話ではない。「不適切な書き込みをする者がいるかもしれないが、それを管理者に代わって削除してくれる者もいる」というのも、なんか安心するにはちょっと弱い。

今のところ、「ページの凍結」ができる Wiki はあるけど、「凍結」という言い方も解りづらいかもしれない。 欲しいのは、「パスワードを知っている人だけが編集できる機能」なんだけど、「凍結」と言われちゃうと、それが自分の望むものかどうかちょっと判らなくなっちゃう(実際ちょっと違うような気もするし)。 で、「ユーザー管理機能あります」みたいな謳い文句は、多少 B群取り込みには有効なんじゃないかな。

私自身、ページ制作者だけが編集できる Wiki が欲しかったりもする。 普通にやるなら、「みんなに HTML 書いて送ってもらって、私がサーバーに上げる」という手順になるんだけど、HTML 書ける人は少ないし、一々私を通さなくちゃいけないのも面倒だし、ということなんだけど(今の Wiki から編集ボタン隠して、編集画面の URL はブックマークにでも入れといてもらえば大丈夫だろうと私は思ったりするんだけど、「編集しようと思えば出来ちゃう」というのを黙っておかないと利用者にとってはちょっと不安。そんで「不安になるだろうことを黙っておいて使わせる」というのは、ちょっと無責任)。

あと、掲示板なんかに、書き込みにポイントを与えるようなのがある。書き込み回数で「赤ちゃん」やら「小学生」やら言われたりとか(よけーなお世話だ(笑))。 で、通りすがりのヒトにいきなり編集をされるのはいやなんだけど、「パスワードを知っている人だけ」よりは、もうちょっと開かれた場所にしたい、なんて場合に、「コメント欄からの書き込みは誰でも自由」で、「規定回数以上コメントをするとページへの編集権が与えられる」とか、どかな? と考えてみたり。

ただし、この方向にどんどん進めると、「それは Wiki じゃねぇ」と言われるものが出来るかもしれない、諸刃の剣。

おもちゃ機能。

2004/04/04(Sun) 16:55:12

あとね、この間 sbox に導入した、コメント欄からの tag 付け機能。 ちゃんと使うと「便利機能」なんだけど、プルダウンのメニュー項目によってはおもちゃになる。 B群 C群の取り込みには、この辺も有効なんじゃないかしら。

そして、「それは Wiki 本来の機能とは全く関係ナシ!!」と絶対に言われる、諸刃の剣。

各所へのお返事。

「何でも出来るは何も出来ない」。な〜るほど。[ふじさわさんち]

一時期のパソコンと同じでは?何でも出来る自由度は、それ自身では何も出来ない事の裏返し、かと。自由度が大きいシステムは、使い手の意思によってはじめて使われると思うので、逆に使い手の意思が無い場合採択されたり上手く使われる事が無いというか、そんな風に思います。

私はそういう状態は健全だと思うので、現状維持でいいのではないかと思うのですが。無理して普及させる必要は無いと思うのです。

YASWiki2_ID:371

「一時期の」というか、私もパソコンを買う前(4年とちょっと前)に、「つまり、何が出来るの?」と思った。 その時だって「インターネット」やらなんやら惹句は色々あったけど、その「インターネット」にだって「何が出来るの?」という疑問を持ってしまえる。

Wiki を見たときも、似たような戸惑いがちょっとあったかもしれない。 最初のほうにも、「流行りゃいいのかどうかは不明。」と書いている。 私が流行ればいいと思う理由も、「掲示板設置したよ〜」「わ〜い」と同様、「Wiki 設置したよ〜」「へ〜」で済めばラクだもの。 という、ミもフタもないものだったり。

でもでもでもっ。私が「何が出来るの?」と思いながらパソコン買って、結局パソコンで「パソコンさえなければ、しなくて済むこと」ばっかりやってるとしても、それはそれで「楽しみ方」としてアリなのだ。

確かに、「必要のないヒトに、便利なフリして売りつける」のはイクナイ。 ケンさんとかガッツとかモリ元首相とかでもラクラクとか、どーかと思う。 簡単簡単言うから実家でも買っちゃって、そのせいで何回母と小競り合いするハメになったと思ってんのよ、とか。 だから Wiki も、「本当に必要のないヒト」には、素通りしてもらってもいい。 私も携帯電話は素通りしている。あんまり「持たなくちゃいけない」気分にして欲しくはない。 「でもね、なんかよく解らないんだけど、娘が薦めるからちょっとやってみたのよ。そしたらアナタ、これが案外」と、離れて住む家族が和やかに Wiki 遊び、なんてことだってありえるはずで、そういう幸運な出会いが起こりえるには、もうちょっと「Wiki ってのがあるらしい」っていう認識が広まってもいいかなぁ、なんて 今考えてみた

どっちにしても、「必要以上に "Wiki を使わなくちゃいけない気分" にさせないようにしなくちゃ」なんていう心配をする日は、多分来ないだろうけども。

2004/04/04(Sun) 18:31:07

解った、「Wiki」は流行らせない。[memn0ck さんち]

2004/04/07(Wed) 16:12:47

あんまり流行って欲しくないんです(笑)。なぜなら荒らされることを考えると面倒そうだから(ぉ

DIGITAL-MONO:DIGITAL-MONO

私も「流行ればいい」と思っているわけでもないです。上で書いたように「必要のない人には、必要がない」から。

「荒らされる可能性」については、割と「仕方がないかなぁ」と思っていたり。 掲示板でも、故もなく、対処できないほど荒らされるって、そんなにないような気もするし(…ちょっと世間知らず…?)。 掲示板より被害の規模が大きくなるかもしれないけど、それはシステムで多少は回避できるかもしれないし(…自分が作るわけじゃないのに、ちょっと無責任…?)。

で、私が思うに、もし Wiki を流行らせるんだと、「これは Wiki と言います。Wiki とは〜」なんて説明を置いちゃダメなんだと思うんですよ。 例えば「アルバム Wiki」も、名前は「あるばむめ〜か〜」とか、そんな感じにして(平仮名を使う辺りが姑息)、「何ができるか」と「どうやって使うのか」だけを説明する。で、「あるばむめ〜か〜」に慣れた人が他の Wiki を見ても、それが元は同じところから出発してるなんて考えもしない。万が一、「あるばむめ〜か〜」が流行っても、「Wiki」が流行るわけじゃない。

そんな感じでどうでしょう?

実はとっくに流行っていた説浮上!!

2004/04/08(Thu) 18:41:21

2004-04-08 (Thu) 18:18:59 memn0ck : Impressに結城さんのWiki本がでっかく広告されていてちょっとビックリ。ところで、Wikiって流行ってないんですか?

2004-04-08 (Thu) 18:28:00 rica : まずはどの程度の普及率を以って「流行っている」と呼ぶか、を定義しないとダメですね。実は rica の感覚では「思ったよりは知名度ある」って感じがしてたり。

2004-04-08 (Thu) 18:30:00 memn0ck : いや、個人的にはなにをWikiとするかという定義のほうがとか思ったりしたわけでした。はてなダイアリなんてWikiですよね?w

2004-04-08 (Thu) 18:34:25 rica : 「はてなダイアリ=Wiki説」。それは今始めて聞きましたが…。もしそうなら、とっくに大流行じゃないですか(笑)。

2004-04-08 (Thu) 18:41:45 memn0ck : はてなダイアリはtDiary/Wiki/関心空間にインスパイアされている(はてな近藤さんインタビュー)わけですし、1) 自動リンク、2) 誰でもページ(キーワード)が作れる、3) 簡易HTML編集タグがあるということからWikiとみなしてもいいんじゃないかと思っているんですけど。

DIGITAL-MONO:DIGITAL-MONO

ちなみに、はてなは一応本当に Wiki をちょこっと参考にしたんだったと思います。

というわけで、どうやら Wiki はとっくに普及していたらしいのだった。

つまり、「あるばむめ〜か〜」が流行っても、「Wiki」が流行るわけじゃない。 「はてなダイアリ」が流行っても、「Wiki」が流行るわけじゃない。 という現象でもあるわけで、野望は既に達成されていたのだった。

2004-04-08 (Thu) 18:45:05 memn0ck : 後、MovableTypeなんかもYukiWiki風に書き込むプラグインとかあるじゃないですか、、、Wikiそのものは流行っていないのかもしれないですけどWikiの思想というかそんなのの影響は強いだろうし、Wiki的に使えるものはたくさんあるんじゃないかと。

2004-04-08 (Thu) 18:46:08 memn0ck : ここら辺は認証機能をつけたWikiとの隔たりはかなり微妙じゃないですかね?とか思ったりしていたんですが、どうでしょう?

2004-04-08 (Thu) 18:56:07 rica : 「作者がなんと名乗るかの問題」って感じはありますね(笑)。RandomNote とか 声のかけら。が Wiki か Wiki じゃないかなんて、解ったからどうってことでもないし。あ、でも「作者がなんと名乗るか」もあるけど、「設置者が何のつもりか」も結構あるかな。Wiki のつもりで設置した RandomNote と、掲示板代わりのつもりで設置した RandomNote と、日記代わりのつもりで設置した RandomNote と、ちょっと違ったページ内容の発展の仕方をするかもしれない。

2004-04-08 (Thu) 19:00:55 memn0ck : それはありますね<設置者 ちなみにここはWikiをよく知る人以外にとっては一行掲示板のつもりで設置して運営されています(笑)。

2004-04-08 (Thu) 19:03:48 rica : 情報を集めるのが目的なら、それでいいですよね。>一行掲示板。集まった情報をまとめなおすのが限られた人だけでも、その作業が楽なことには違いないし。

2004-04-08 (Thu) 19:08:55 memn0ck : いや、実際はほとんどの人は一行掲示板にしか書き込んでくれないというだけですけどね(笑)。どのWikiでも大抵掲示板系が一番書き込まれてるのもまた事実っぽいんですけど(^^;

2004-04-08 (Thu) 19:18:38 rica : 何も書いてもらえない場所になるよりは全然よいし(^-^)。

2004-04-08 (Thu) 22:07:42 memn0ck : まぁ、そうですね。というか、書いてもらえなそうだったから一行掲示板チックに促しているつもりだったりして(^^;

DIGITAL-MONO:DIGITAL-MONO

すみません、関連のお話を丸ごともらってきちゃいました。

Wiki は流行らないし、流行らなくていいのだ。

2004/04/09(Fri) 13:32:45

現状のままでは流行らないし、流行らせるために「それはもう Wiki じゃないよ」という形にすることに何か意味があるのか?

多分あんまり意味はない。何度か書いているように、私自身が「とにかく流行ればいい」と思っているわけでもないし。 ただ、「なぜ、流行らないのか」の理由を考えることは、私の仕事にちょっと結びついているらしいことに気がついた。 具体的には書けないのでアレなんだけど。

一つの「このままではあまり売れない」商品がある。他のもっと売れやすい商品を仕入れることは諸事情により不可能。 とにかく目の前にある「あまりぱっとしないもの」を、ナントカしてそこそこ売らなくちゃいけない。 私自身は「人が見ればあまりぱっとしないのは解っている」けど、「この商品には一定の品質を保証できる」と思っている。 そして、「よく見ると、この辺とかよくできてるんですよ」ってのを解ってもらって、「なるほど」という納得の上に買って貰いたい。でも「この辺とかよくできてるんですよ」という解説をして売るなんてのは無理で、「この辺とかよくできてるね」と、自然に気付いてもらえないと失敗なのだ。 私はその、「気付いてもらうため」に何をしたらいいのか、ってことを考えているのだった。

私が抱えている「売れなくて困っている商品」と Wiki は、多分私にとってとてもよく似ているのだ。


  • RandomNote:1081438710.txt 経由。

    ひたすら高度な便利機能追加にまい進してるのが一般人にウケない理由と思うんですよね。 (ただのテキストじゃ嫌だ!リンクタグ入れたい装飾したいってならタグ許可とかCSS許可でいい話で。一般のヲタじゃないフツーの人らのニーズと外れてると思う)

    BBSNEWS!:声のかけら

    • ここはちょっと違うんじゃないかな、と思った。このテキストの本旨とは関係ない部分だけど。ひたすら高度な便利機能追加にまい進してるのが一般人にウケない理由と思うんですよね。 は、確かだと思うけど、ただのテキストじゃ嫌だ! というのは、「フツーの人」のニーズとしても結構多い印象がある。valid な HTML には興味がなくても、文字の色や大きさを変えたりするのは、結構好き。HTML じゃないけど、私自身、今は文章を書くのにテキストエディタを使ってるけど、「用もなく、色をつけたりフォントを変えたりするのに飽きる」前は、ワープロを使いたがった。
      • ちょっと前に、年齢層の低い、HTML 許可の掲示板に紛れ込んだら、ものすごい花盛りだった。そこで使われるタグが色々流通してるみたいなんだけど、<font style="COLOR:red; font-weight:bold;boder-style:solid;background:blue;BORDER:DOTTED 5px orange;font-size:10px;"> さらに倍、みたいな長さになっている。属性が重複してたり、記述が不ぞろいだったり、多分スタイルシートは理解してなくて、誰かがやっているのを見て「とにかく、こう書くとこうなる」と考えてるんだと思う。この長さのフォントタグをコピーして使いこなす根性があれば、「クォーテーション括り」のルールを覚えるのは雑作もないこと。ただ、与えられる効果が「長いフォントタグを書いたときほどじゃない」というのが問題なんだ。そだ、em に上みたいなハデハデを指定するかっ(・o・)。
    • 「便利機能」の見え方もあるんだと思う。今私のお気に入りの tag-links も、最初に SHIMADA さんのところで見たときには、何がどうなっているのかよく解らなかった。説明してもらって仕組みを理解してやっと使い方が解ったんだけど、提示の仕方によっては、仕組みを理解せずに使い方を伝えることはできる(…それが SHIMADA さんにとって本意かどうかはわからないけど)。StoreRoom/2003/12-01-Dialogue で私が書いた、私がやってるのは(やりたいのは?)、多分、私が見つけられた分の宝を、ちょっと判りやすいところに埋め直すっていうこと っていうのは、そんな感じのことなんだと思うけど。最近は、見つけた宝独り占めっぽい…。
    • 今の Wiki の色んな機能って、「仕組み」を理解しないと使えない事が多い気がする。sbox も。作るほうはもちろん仕組みを理解しているので、「自分用」ならそれでもちろん充分。で Wiki に限らず色んなソフトウェア制作者が、「ドキュメント書くのが一番面倒」って言っているのを、私は何度か聞いている。それで私が「埋め直す係」をやれればいいと思ったりしたんだけど。
    • すごく単純な比喩(当を得ているかどうかは不明)。古文のままの源氏物語は授業でもないと読む気にならないけど、現代語訳ならちょっと読んでみる気になるし、漫画なら授業の合間の休み時間に飛び交う。「漫画なんかに翻案してある源氏物語を読んだって、源氏物語を読んだことにはならない」とは思わないし、漫画を読んで原典に当たりたくなったりすることもある。そしてやっぱり、紫式部が漫画にリライトされてでも読まれたかったかは、不明。…予感としては、やっぱり却下されそうだし、「別物としてお楽しみください」って言われそう…(でもそれは、「式部自身が書いてない」のが問題なだけで、もし彼女が漫画という技法を知っていたら、最初から漫画で書いてたかもしれないよね)。
      • あ、やっぱりこの比喩はダメかも…。源氏物語は読ませるために書かれた物語のはずなので。
      • ↑上のは、「書かれた時点で古典だったわけじゃない」っていうような意味だったんだけど、でも、識字率なんかがあるので、あの時代では「物語を読む」のも「技術」なわけで、その辺はどうなんだろ。「パソコン使ってない人にまで Wiki を使わせたいわけじゃないですよ」ってだけのことなのかな。…そろそろ深追い禁止領域になってきた…。

というか、元々私は、「Web 利用の仕方」がヘタクソ。 下のほうでも掲示板を利用するまですごく抵抗があったことを書いてるし、今でもあまり見慣れないシステムの掲示板だと、どうやって読むのか解らなかったりする。CMS なんかで構築されたサイトで迷子になることもよくあるし、単に「サイト運営者のナビゲーションがあまり上手でない」ために、CGI を用いているかどうかとは関係なく、迷子になる。最近は少し、遭難することが少なくなったかな。やっと慣れてきたのかしら。

それでも賑わっている場所は賑わっていて、よく皆ちゃんと利用できるもんだなぁ、なんて関心する。 結局は、「使い方を覚える労力」と「その場所で得られるもの」が見合うかどうかなのかな。

自分が「生粋の C群」だったときのことを思い出してみる。

2004/04/05(Mon) 11:23:30

最初は私、掲示板すら怖くて使えませんでした。 「知らない人に話し掛ける」怖さもありましたが、「何か間違って、壊しちゃったらどうしよう」とも思ってました。 自分のパソコンであれば、冒険するに吝かではなかったのですが、さすがに他人所有の場所では、慎まなければなりません。

「ここにタイトルを書いて、ここに内容を書いて、この送信ボタンを押せばいいんだろう。……ホントか……!?」。 「掲示板の使い方」を開いてみても、「他人が不愉快になる発言は止めましょう」という「お約束」だったりして、「タイトル書いて、内容書いて、送信ボタン押せ」という、あまりにも基本的な「使い方」は書かれていません。 幸い、「どうしても書き込みたいこと」はなかったので、よかったのですが。

確か、「一番最初に掲示板に書き込みをした」のは、PC 関係の質問掲示板の、「質問への回答」でした。 「私が答えなくても、誰かが答える」と思っていた質問に、返信がつかないまま 3日ほど。 ……。「お、おめぇ、こっちは善意で答えてやってんだからよ、もしこれで掲示板が壊れたって、善意に免じて許せ」(恐ろしいほどスキルのない回答者です。怖いですね、掲示板って。誰が答えてるのか判ったもんじゃない)。 この頃には本当に壊れるとは思ってなかったんですけど、自分を安心させるには、そのくらいの強気の姿勢に出られる何かがないとダメだったのです(ついでに、過去の私の名誉のために付け加えれば、ちゃんと質問者の問題も解決しましたv(・_・))。

だからなんだというわけではない、ただ思い出してみただけのことです。

* * *

おまけ:時間は流れて sbox を設置して、いくつかの Wiki サイトを利用するようになって、いくつかのページを実際破壊するに至るのでした。一度壊してしまえば、もう怖いものなし(うそ)。

「恐れる人」は、どこまで恐れ得るのか。

2004/04/05(Mon) 13:06:41

もう Wiki とは全然関係ない話。

ええと前に掲示板で、「ある Webページをローカルに保存してたんだけど、必要がなくなったので消してしまった。よく考えもしないでやってしまったことだが、もしかして自分は大変なことをしでかしてしまったんだろうか」という質問を見たことがある。 つまり質問者は、「他人の Webサイトを消してしまった?」と思ったわけ(質問文の「ローカルに」というのは、私の補足です)。 一方、「突然ネットワークコンピュータに知らないフォルダが出現して、キモチ悪いので消しちゃいましたが、アレは何だったのでしょう」なんてこともあったりする。

sbox には、「着せ替え CSS」の機能がある。呼び出す CSS を cookie に記憶させてるんだけど、「自分のパソコンでそう見えるだけ」って事が解らないと、「何の気なしにリンクを辿ったら、ページの表示が変になってしまった。戻し方が解らないっ」と焦る人もいるだろうな。

「Wiki が流行らない理由」が流行る理由(ウソ見出し)。

  • 2004/04/10(Sat) 13:30:58 : あの…、小声で質問なのですが、「Wiki が流行らない理由」っていうお題は、本当に流行っているのでしょうか。
  • 2004/04/10(Sat) 15:08:44 : もし、本当に流行っているのだとしたら、記法の問題が絡んでいるのが理由なんでしょうか。
  • 2004/04/10(Sat) 15:48:32 : 私自身の出発点は、最初に引用した、ninjin さんのWiki記法について - 標準化案 というテキストの、

    一番の理由は「作者らはWikiをメジャーにすることに興味がない」という事だと思います。自分の哲学を自分の好きな言語で自分の好きなように組んでいるだけというか。

    (中略)

    Wikiが流行るためにはWikiを流行らせるために時間やアイデアを惜しみなく注ぎ込む人がまず必要だと思います。

    • この文章で、初めから「作者らはWikiをメジャーにすることに興味がない」のを前提にしています。 私も Wiki 作者の方々を「面白い仕組みを考えて、形にすることを楽しんでいる人たち」と捉えていて、その先のことは、「興味がない」と殊更言葉にするほどのこともなく、そうなんだろうと感じていたので。
    • 上の引用には、でもそんな人いるのかなあ。 という呟きが続いていたので、「流行らせたい誰か」が、「そのための何か」をするとしたら、を考えてみたのですが、それでまた「面白い道具」の形が見えてくるかもしれないな、なんてこともちょっと考えました。何しろ私は「作れない人」なので、「自分が使うための仕組みを考える」のも、「誰かに使わせるための仕組みを考える」のも、似たようなものなので。
    • 私には、「流行らせる」云々より、「面白い仕組み」が形になるのを見るほうが、興味がある。時々私の妄想を面白がって、お兄さんが形にしてくれるのを見るのは、とても楽しい。
    • …゛(・o・) 解ったぞ…っ。結局、私も「面白い仕組みが形になること」に興味があるだけなので、「Wiki を流行らせる人」としては不適当なのか…っ。
  • 2004/04/11(Sun) 15:41:06 結局は、「誰にどんな風に参加して欲しいのか」で色々違ってくるよね、っていうだけのことだったり。「誰にどんな風に使って欲しいのか」なんて、そりゃあもう、人それぞれに決まっているし。

お題を変えよう。「親切設計」について考える。

  • 2004/04/11(Sun) 14:09:27「流行らせるための仕組み」を考えるのも、「自分にとって便利な仕組み」を考えるのも、やっぱり私にとっては似たようなもの。で、「流行らせるため」なんてことを考えないとしても、「使いやすくするため」の工夫は、やっぱりまだ欠けていると思う(せっかくある便利な機能を、一部の「その Wiki をよく理解している」ユーザーだけが使っていうのはもったいない。わざとそうしているのでないのなら)。他の Wiki を使う時の戸惑いは、記法よりも、「見たいページをどうやって探したらいいの?」とか、「これをやるとどうなるの?」とかの予測がつきにくいという部分が大きい。「自分家の Wiki」に余程慣れた Wiki ユーザーでも、他所の Wiki に行って一通り使い方を理解するには、ちょっと時間が掛かる(Wiki に対する好奇心のある人間なら、「何がどうなっているのか」を探るのも、結構楽しかったりはするんだけど。そして、元々探していた記事をすっかり忘れて、読まずに帰ってきたりするんだけど)。にこれは「仕組み」というよりは、「ちょっとした親切心」の問題かもしれないけど。
    • 例えば、ここの InfoBar は、ユーザーが自分で作らないといけない。その上「こういう事ができます」というアナウンスはとても目立たないところにある(これは最初から「どうせそんなに使われないだろう」って諦めてるからなんだけど)。
    • 一方 AsO さんのところは、コメントしたことのあるページなんかを勝手に登録してくれる。
    • ただ、AsO さんちも、「何がどういう風に登録されているのか」っていうのは、色々実験してみないと、ちょっとすぐには判らないかもしれない。
    • 一旦コメント欄から記名で書き込んだら、InfoBar やその使い方、HelpPage や、さらには個人専用の SandBox なんかの「お道具セット」が自動で生成されちゃうとか(適当発言)。
      • 時々「自分用の HelpPage」が欲しいと思ったりするのは、私だけかな。例えば記法なんかでも、必要なのは「自分家と違う部分抜粋」だけだったり。オリジナルの HelpPage をコピーした個人用 HelpPage が自動的にできて(上の Tools の HelpPage のリンク先もそっちになっちゃって)、「自分で見やすいように編集していいよ」ってなってると、編集の練習とかにもならないかな。…う〜ん、使われるかなぁ…。
    • AsO さんちなんかだと、AsO:Profile.rica の下にページを作るのはさして抵抗がないし、そうやって作ったページの中で好き勝手やるのも結構気楽(でも、ある領域に閉じこもっちゃったりするのを避けたい場合には、アレかも)。

shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage || [edit]
select css: default | sakura | mono | greenheck | snow | NN4.x用(多分) || LinuZau!! | VikiWiki!? || others |

管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || PUT