管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || アンテナ || PUT || more≫ ≫omit
shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage ||[edit]
category: StoreRoom/2005

StoreRoom/2005/08-11 - 雷が鳴ったり、地震があったり。

LastModified : Mon Aug 22 06:41:55 2005
[管理]

雷が鳴ったり、地震があったり。

| StoreRoom || ≪7月 || 8月 / 01-10 | 11-20 | 21-30 || 9月≫ |

2005/08/14(Sun)

[TOP↑] [管理]

2005/08/15(Mon)

[TOP↑] [管理]

雷が鳴るといつも思い出す「犬としての姿勢を問う」話。

[TOP↑] [管理]

たろさには、お気に入りらしい場所があった。彼女が繋がれていたのはお勝手口で、半分はコンクリが打ってあり、半分は土になっていた。その土の部分に置いてあった、天板の幅が 50cm くらいのスチール製の台の下に窪みを掘って躯を納めると、安心するらしかった。けれどもいつもそこにいたわけではなく、窪みが埋まった状態になっていることも多くて、例えばお産のときなど、彼女はそこに窪みを掘った。

ある日、物凄い雷のさ中、何か用事があって、お勝手口を開けた。 いつもはドアが開く音がすれば、のそのそと、あるいはすっ飛んで寄ってくるたろさが、見当たらない。

あれ? と思って、繋いでいる杭から鎖を目で追っていくと、彼女は、例の窪みに頭だけ突っ込んで、前脚で頭を抱え込み、後脚は突っ立てたままお尻を突き出して、文字通り「頭隠して尻隠さず」の姿勢でガクガクガクと震えていた。

私に気付く素振りもない必死な様子があんまりおかしいので、ちょっとの間声を掛けずに、笑いをかみ殺しながら見ていたんだけど、あとで考えると、「頭を抱え込む」というのは体の構造上ありえないような気がする(耳の後ろだって、後脚で掻くくらいなんだし)。前脚だけ伏せの姿勢で、顔を地面にめり込ませて、デカ耳を抑えようとしてたのかなぁ。 とにかく、雷が鳴る度にあの姿を思い出して、「ありえねぇ」と笑いがこみ上げてくるのだった。

2005/08/15(Mon) 16:47:19

2005/08/17(Wed)

[TOP↑] [管理]

昨日の地震と「記憶」の話。

[TOP↑] [管理]

2005/08/18(Thu)

[TOP↑] [管理]

2005/08/20(Sat)

[TOP↑] [管理]

AccessCounts

[TOP↑] [管理]
2005/08/11(Thu)159176489
2005/08/12(Fri)157176646
2005/08/13(Sat)121176767
2005/08/14(Sun)134176901
2005/08/15(Mon)151177052
2005/08/16(Tue)162177214
2005/08/17(Wed)149177363
2005/08/18(Thu)166177529
2005/08/19(Fri)160177689
2005/08/20(Sat)188177877

| StoreRoom || ≪7月 || 8月 / 01-10 | 11-20 | 21-30 || 9月≫ |

shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage || [edit]
select css: default | sakura | mono | greenheck | snow | NN4.x用(多分) || LinuZau!! | VikiWiki!? || others |

管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || PUT