管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || アンテナ || PUT || more≫ ≫omit
shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage ||[edit]
category: GuestPage/AsO

GuestPage/AsO/「に」の章 - 2004/02/0 〜 2004/02/0

LastModified : Thu Sep 2 18:28:28 2004
[管理]

2004/02/0 〜 2004/02/0

GuestPage/AsO
GuestPage/AsO/「は」の章 ←↑→ GuestPage/AsO/「ほ」の章

CSS_nodate

Introduction

[TOP↑] [管理]

「ランタンの油は切れた、松明も買っちゃいねぇ。光球の魔法を(発動/だ)せる奴もいねぇ。どうすんだよ、モンスターがまだ居たらアウトだぞ」

ダンジョンの最下層はもうすぐのはずだが身動きが取れない。暗闇ではあるが横の小須田がいらいらしている様子がよくわかる。わかるがもぉ灯りの手持ちは無いのだ。

雑魚でも出てきてくれればなんとか倒してそいつの手持ちの灯りを手に入れることも不可能ではないだろう。だが、雑魚でなかったら横で爪を噛んでいるであろう奴の言うとおりアウトだ。

このまま地上に向かってもいいが、光がなければ途中我々が迂回したトラップに引っ掛ってバカな死に方をするだろう。壁伝いに少しでも先に進んでみるしかない。どうせ壊滅するなら、うわさに聞く「UltimatedWiki」と呼ばれるものの正体を知ってからでもいいだろう?

逃げちゃいけないでしょう

[TOP↑] [管理]

保護のダイアルを「強」に合わせて 5分でラクラク簡単ホウムペイジ


ネットの全容(主に広範到達性に伴うリスク)を理解する前に、自身の理解している範囲の都合主義ネット(主に対象限定的自己顕示の舞台)がその本質であると誤解したまま、『見ていてハラハラあるいはニヤニヤ』してしまうコンテンツを公開している人達がいる。彼らに対して過保護策を取るか、後で痛い目にあっても通過儀礼だからやむなしとするか。少なくともそこまでは自覚している私には、なにか出来る事があるんではないかと考えてしまう。- AsO


保護されている事も知らない。でも対価は支払う事になるはずなんだけどな〜


ひっそり公開されていたページがひょんな事から膨大なアクセスに晒された時、サイトを閉じてしまうと言う結果になることもある。閉じない場合もあるだろうが、大きく変質してしまうだろう。AsOがこのページでことさらに『危険性』と言うのは、ページ群を生き物扱いしているのだと思う。サイトオーナーが危険と言うより、抹消されたページが成長せず死ぬと思っているのだろう。

全く意味違いだけど、こんな事も思う。例えば、道端で猫が轢かれて死んでいるのも人が轢かれて死んでいるのもあまり変わらない事だと思うのに、人を殺した場合だけ罪が発生する社会の中に居るから猫への罪は償わなくて良いんだろうなぁ。猫に危険性を訴えられればいいんだけどなぁ。

さらに余談。車自体に罪を自覚する装置があれば良いのにと思う。罪を自覚したら問答無用で自爆するのである。罪の定義で揉めると思うが、それは今までないがしろにしてきたものなのだからぜひ揉めていただきたいと思うんである。


パジャマ安全地帯

単なる「パジャマで外出」で思い出した話(日々の泡もどきなネタを人のページに置かないように>rica)

  1. 大学でチェックのシャツを着ていた友人に、「それ、もしかしてパジャマ?」と聞いたら「バレたか」と笑った。見破ったポイントは襟と袖口のパイピングである。それまで何度か友人はそのパジャマを「普通のシャツのふり」で学校に着てきていたらしいが、以後止めると宣言した。
  2. 私は「家から校門まで」より、「校門から教室まで」のほうが遠かったくらい、大学にものすごく近い場所に住んでいた。そして一度だけ、「コートの下はパジャマ(ズボンの裾まくり上げ)」という状態で学校へ行き、出席にチェックして即帰宅したことがある。先生、お父さん、不束でごめんなさい。

rica の 感想戦(スレ違いの言い訳)。

「パジャマで外出」と聞いた途端、私が思い出したのは、「若いお嬢さんがパジャマで外出しているのを見て、"恥ずかしくないのかしら" と思った」ことだった。ここで焦点が勝手に「若いお嬢さん」にシフトしてしまったのであり、それが敗因なのである。

ところで私はそのお嬢さんに対して、「危ないわねぇ」とはほとんど思わなかったのであるが、これは「女性の夜の一人歩きは、それだけで充分危険」と認識していることと、「その危険度は、あまり服装に左右されない」と感じていることからくる。そのお嬢さんを目撃した時、私自身「夜に一人歩きをしている女性」で、ちょっとした身の危険を感じていたのであり、つまり私にとって「彼女と私は同じくらい危険」だったのだが、この「危険な状態」はデフォルトなので、通常カウントしないのである。

そんなわけで、すっかり「危険」の話がすっ飛び「お嬢さんと恥」の頭になってしまったのであるが、以上は本当にスレ違いの話である。

なんにしろ、マナーの根拠が技術的なことだったり、危険の回避には技術的な理解が必要だったりするのは、難儀であることだなぁ。そういう方面に条件反射で拒否反応を起こし「聞かなかったことにする」気持ちは、「元機械音痴」には結構よく解るのである。 2004/02/05(Thu)

実は今までの話はこういう事でと言うのも恥ずかしいものであるが

元々は : ひっそり更新が続いていた個人日記サイトがあった。ある時の記事がきっかけでメジャーサイトで取り上げられ、膨大なアクセスに晒される。 → 驚いてサイト削除。 → 以前からワッチしていたヒトがこれを鑑み「儀礼的無関心」提唱。

AsOの解釈

材料 : いわゆるネット初心者

  1. アイドルがやっているホームページってやつを自分もやってみちゃおう。
  2. ホームページビルダーで作ってみる。いろいろわけわからない事はあったけどとりあえずアップした。
  3. カウンタ上がらない。掲示板自分だけ。
  4. 似た様な傾向のページをYahooJapanから探してそちらの掲示板で自サイト売り込み。
  5. 掲示板に挨拶集まり上機嫌
  6. 対話成立チャット開始。あるいは世を拗ねて気を引く系へと変質。
  7. それなりににぎやか
  8. (上に書いた『元々』の現象はここに入ると思います。)
  9. 学校で同級生に「見たよ」あるいは会社で嫌な上司に「見たよ」と言われて、いきなり現実界とシンクロ
  10. ネット上での行動に急ブレーキがかかる
  11. 同僚の冷やかし。あるいは、初期公開していたプロフィールを元にストーカさんから御手紙到着。
  12. ページ削除。被害者的立場開始。逆切れ
  13. 他サイトでのネガティブアピール開始。金返せ的被害者像。何かで元を取り返したい気持ち。

あなたを見ていたいから守りたいの(ニタリ)

イタイに関する章

冷え性のマトリョーシカ あるいは デパート屋上のヒーローショーの休憩時間に 見てしまった子供

個別分散式通過儀礼

外は〜内〜

お名前: タイムスタンプを更新: 荷札を付ける:

AfterWord

親ページで継続させていただいてます、へぃ。

PostScript

[TOP↑] [管理]

闇の奥に気配がある。

柄に手をかけ音を立てないように向きを正す。

今、横に誰が居るのかわからないが、この気配に気付いてうまく立ち回ってくれることを願うしかない。今は自分が 為すべき動作にかかる。

が……

あ。いや、ちがう。群れだ。まずい。

遠くから小さな摺り音が聞こえた刹那、群れ全体がこちらへ気を向けた。

ざうざうと群れがなだれて来る音が身体まで響かせ防具の継ぎ目がカチカチ鳴る。

もはや間合いが無くなったと思ったその時。

「ヨクキタデチー」

shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage || [edit]
select css: default | sakura | mono | greenheck | snow | NN4.x用(多分) || LinuZau!! | VikiWiki!? || others |

管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || PUT