管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || アンテナ || PUT || more≫ ≫omit
shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage ||[edit]
category: 表現と意思疎通の周辺/Web

表現と意思疎通の周辺/Web - Web 上の表現と意思疎通。

LastModified : Sat Oct 2 05:39:39 2004
[管理]

Web 上の表現と意思疎通。

ついこの前まで、「相手と自分の距離」はある程度測りやすかった。 相手は「既知の人物」であることが多かったし、なにより「特定の人物」であることが圧倒的に多かった。

ネットワークとコミュニケーション

[TOP↑] [管理]

ネットワーク関係はどうにも難しくてなるべく触らないようにしてたんだけど、ADSLを導入し、無線LANを組むや、すっかり「パソコンは通信機器」と思い込むようになってしまった。

さて、ADSLに切り替えた当初こそ、「ちょっとネットワークの勉強をしなくてはいけない」と殊勝なことを考えてみたが、特に問題なく使えるとなるとあっさりと放棄してしまい、「実際のところ、パソコン同士はどうやって通信し合ってるのよ」ということについては、相変わらず理解が進んでない。 ただ、あちこちで調べ物をしていた時に、度々[プロトコル]の説明に「言語」が喩えとして示されているのに出会って、「なるほどね」と頷いてみたりした。例えば「"英語と日本語"で会話はできないので、あらかじめ"日本語で話す"と決めておく、そういう決まりごと」というように。

そんなことが頭の片隅にぼんやりとありながら、常時接続環境で Web をダラダラと歩き始めると、時間(よりむしろ通信料)に追われて接続してた頃は目に止まらなかった「些細なこと」が気になり始めた。 そもそも Web 以外でも、日常的に感じていた「言葉」に関する「些細なことがら」。 「話される言葉」はどんどん消えていってしまうのに対して、Web上にある文書は、残る。 何度でも反芻してしまう。必ずしも上手くいっていないような、表現と意思疎通の齟齬。

「パソコン同士の通信」はさておき、「人間同士が日本語を用いた通信」にもプロトコルとかゆうものが必要なのかもしれない。そしてほんの少し不安になる。

「私の話す言葉は通じるのだろうか?」

メモ

[TOP↑] [管理]
shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage || [edit]
select css: default | sakura | mono | greenheck | snow | NN4.x用(多分) || LinuZau!! | VikiWiki!? || others |

管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || PUT