管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || アンテナ || PUT || more≫ ≫omit
shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage ||[edit]
category: 表現と意思疎通の周辺

表現と意思疎通の周辺/誤解と理解 - 理解と誤解。

LastModified : Thu Sep 2 07:19:31 2004
[管理]

理解と誤解。

[TOP↑] [管理]

2003/03/17(Mon)

大事なところ。

[TOP↑] [管理]

私はおしゃべりなくせに、余計なことは沢山言うくせに、肝心なところを言わないことがある。「これを言わないといけない」と判っていて、「うっかり」言わない。ふと「面倒」になってしまって言わない。特に自分が不利になるような発言をしたとき。

例えば。ちょっと年配の方と仕事の話していて、「世の中ってチョロい なって思いました」と言ってしまった。ある知人が「チョロい」という言い方をよくしていて、その使われ方が面白かったのでちょっと拝借したんだけど、相手の年齢を考えたら、ここで使うのはバカ丸出し。本当に言いたかったのは「こんな私のようなものでも、食べるに困らず生きていける社会は結構寛容だと思った」というようなことなんだけど。言った瞬間、上の発言では絶対そんな風に解釈できないのに気付いて、補足しようと思ったんだけど、なぜか言わない。うっかり「まぁ、いいや」と思ってしまう。そして相手と別れた後に後悔する。何日も後悔し続ける。

2003/06/15(Sun)

「効く言葉」

[TOP↑] [管理]

ことわざには、時々正反対の教訓を示しているものがあって、「どっちなのよ」と思うことがある。もちろん、必要に応じて引っ張り出すだけなんだけど。

「効く言葉」は、それを必要としている人には有効に作用するけど、元々必要としていない人、あるいは他の言葉を処方されるべき人には、負の作用をする。時々世の中には、「自分」や「自分の属している時代」を便利に読み解けちゃう言葉が無差別攻撃で流れ出すことがあって、ちょっと危険だ。効きすぎる言葉に対義語を作っておくのは、一つの知恵なのかもしれない。

2004/09/02(Thu)

shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage || [edit]
select css: default | sakura | mono | greenheck | snow | NN4.x用(多分) || LinuZau!! | VikiWiki!? || others |

管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || PUT