管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || アンテナ || PUT || more≫ ≫omit
shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage ||[edit]
category: むず痒いパソコン日記/2006

むず痒いパソコン日記/2006/09 - 地味に遊ぶ。

LastModified : Mon Oct 2 00:26:17 2006
[管理]

地味に遊ぶ。

「オンラインソフト遊び」がリバイバルなのですが、今回は小物ツールなどで地味に遊んでいます。

| むず痒いパソコン日記 || ≪8月 | 10月≫ |

2006/09/04(Mon)

[TOP↑] [管理]

フォルダウィンドウの初期サイズを変更。[LOOX]

[TOP↑] [管理]

1024×600 のディスプレイに、毎度 800×600 の巨大フォルダウィンドウが開いて鬱陶しいことこの上ない。 で、前に一度フォルダウィンドウが開くサイズの初期値を変更する手順を調べてみたときには、ちょっと面倒そうだったので保留してたんだけど、やっぱり我慢の限界を超えた。

私の場合は初期化したかったわけではないので、上のリンク先にある 「6.Bags のキーを削除する」辺りの手順を省き、

  1. HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\ShellNoRoam\Bags\{数字}\Shell をエクスポート。
  2. エディタで reg ファイルを開き、
    1. [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\ShellNoRoam\Bags\{数字}\Shell]
      [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\ShellNoRoam\Bags\AllFolders\Shell] に書き換え。
    2. WinPos の4行を
      "WinPos1024x600(1).left"=dword:0000012c
      "WinPos1024x600(1).top"=dword:00000032
      "WinPos1024x600(1).right"=dword:000003BB
      "WinPos1024x600(1).bottom"=dword:000001D6
      
      と書き換え。
  3. 書き換えて保存した reg ファイルをダブルクリックでインポート。

ちなみに WinPos のトコロの16進数を10進数にすると↓こんな。

.left"=dword:0000012c   (左から 300)
.top"=dword:00000032    (上から  50)
.right"=dword:000003BB  (右端が 955 (ウィンドウの横幅 655+300))
.bottom"=dword:000001D6 (下端が 400 (ウィンドウの縦幅 420+ 50))

で、前にやろうとしたときに面倒だと思った理由の一つは、以前使っていた 16進数に変換するお道具を LOOX に入れてないってことだったんだけど、よく考えたらそんなことは Windows 付属の電卓で出来るんだった。

2006/09/07(Thu)

[TOP↑] [管理]

近況。

[TOP↑] [管理]

2006/09/10(Sun)

[TOP↑] [管理]

フォルダで指定のディレクトリに一発移動したいんです。

[TOP↑] [管理]

DialogHandler というのを見つけまして、これが大変便利なのです。[ファイルを保存/開く] ダイアログや [フォルダの参照] ダイアログで指定の場所に一発で移動できるお道具です。階層辿って上がったり下がったりする必要がなくなります#1

私の場合は、CraftLaunch というランチャを使っていて、使用頻度の高いフォルダはほとんど登録してありますから、そこにちょこっと設定を追加してやりますと、ダイアログが開いた状態のときに、

  1. ランチャの窓に登録してあるフォルダ名を入力
  2. Ctrl+M

という感じで、指定した場所に瞬間移動できるわけです。フォルダのツリーがツルツルっと開く様は、これまでのまどろっこしさを思うとなかなか胸のすく思いです

* * * * *

さて、これに慣れてしまいますと、ぜひとも「フォルダ指定 - Ctrl+M」でフォルダを移動したくなります。というよりも、ダイアログよりもフォルダでこそ出来るべきだ、という気がしてきます#2

で、「フォルダの移動」が出来そうなお道具を探そうと思ったんですが、そういう細かい便利ツールというのは、大抵「たまたま見つける」もので、いざ探そうと思うとなかなか大変。しかも「フォルダ」とか「移動」なんてキーワードに頼っていては、関係ないものが山のように出てくるに決まっています。私は検索がヘタなのです。

しばらく探したものの案の定見つからず、全部をランチャでまかなえないか、チャレンジタイム。

* * * * *

CraftLaunch には &SendText という特殊コマンドがあって、ウインドウにキーストロークメッセージを送信することができます。これでフォルダのアドレスバーにパスを書き出すことを考えましたが、結論を言えば NG。

引数で<タイトル>,<クラス>,<子ウインドウ番号>,<送信文字列>を渡すらしいのですが、調べてみるとフォルダのアドレスバーの「子ウィンドウ番号」というのはフォルダを開くたびに変わってしまうらしいので、ちょっと使えません。「キャレットの位置」に文字列を送れるとよかったんですけど。でも実は、固定の [子ウインドウ番号] を使って試してみても、なぜか巧く文字列が送信されませんでした(エラーが出るとかではなくて、「何も起きなかった」。何か間違ってたんでしょうか)。

追記:CraftLaunch のマニュアルには、子ウインドウ番号は WinDowse(http://www.greatis.com/) というソフトを使って調べることができます。とあるんだけど、Setup.exe でインストール前に中身が見えないのってちょっとやだなぁと思っていたら、CraftLaunch スレで WinDowseって前一回だけ入れてみたことあるけどレジストリがいかれてたから恐くて二度と入れる気がしないんだよなぁ、、、 なんて証言まで見つけてしまい、ちょっと不安。で、AsO さんに illumination というのを教えてもらう(レジストリ使用で、キーは HKEY_CURRENT_USER\Software\Daniel Parnell)。これで表示される Handle というのが子ウインドウ番号らしい。

さらに追記 : たまたま見かけたのでメモ。peekaboo これでもハンドルというものが取得できるらしい。2006/09/12(Tue)

* * * * *

他にいい方法も思い浮かばないので、&SubCommand で「手でやる手順を単純に連続実行する」という手段を使うことにしました。

とりあえず、フォルダウィンドウのアドレスバーにキャレットをセットしてアドレスの文字列を選択状態にするまでは、実際に [手で]、その後、

  1. ランチャの窓にパスを TextOut して、Ctrl+A-C でパスをクリップボードに送る。
    "&TextOut;%LinkDir[%arg]", &KeyDown;17,&Key;65,&Key;67,&KeyUp;17,
    
  2. フォルダウィンドウをアクティブにして、Ctrl+V で貼り付け、Enter。
    "&WinActivate;,CabinetWClass", &Sleep;100, &KeyDown;17,&Key;86,&KeyUp;17,&Key;13
    

さらにこれを、DialogHandler のコマンドと連続実行させたらステキなんじゃないかしら。

* * * * *

ところが、1.と 2.の手順が、ばらばらになら思った通りの動作をするんだけど、つなげると巧くいかない。

1.だけならパスがクリップボードに入るんだけど、2.をつなげた途端、クリップボードに文字列をコピーしてくれなくなる(2.の「アドレスバーに貼り付けて Enter」という動作自体はする)。クリップボードを監視してみても、コピーされる形跡がない。他のコマンドを試してみると、&WinActivate でなくともコピーしてくれなくなる(特殊コマンドでなくとも、単純にファイルを開くコマンドでも。試した中では &Sleep は OK だったけど、&CD みたいな他のウィンドウにフォーカスが移らないコマンドでもダメだった)。

で、&KeyDown;17,&Key;65,&Key;67,&KeyUp;17, の後に長めに &Sleep を入れてみたら、&TextOut;%LinkDir[%arg] までは出来ているようなんだけど、そこでランチャ窓の描画がちょっとヘンなことになる。この間無応答になってて &KeyDown;17,&Key;65,&Key;67,&KeyUp;17, が無効になってしまうのかしら。

――と、「ヘンな状態」をキャプチャしたら、なぜかパスじゃなくて時刻表示になっちゃってる。私の目にはパスが表示されている状態でキャプチャしてるんだけど…(ちなみに、未入力の状態でフォーカスをランチャから外すと時刻表示するようには設定している)。

う〜ん、なんだかよくワカラナイ。

* * * * *

さて、諦めてそれ用の道具を探してくるのと、チャレンジを続けて成功するのと、どっちが早いかなぁと考えると、「どんどん新しいフォルダを開いて、どんどん閉じる」のが一番早いのは解っているのである。

結局一発ではできなかったので、二発に分けることにしました。

[TOP↑] [管理]

何で、フォルダウィンドウのアドレスバーにキャレットをセットしてアドレスの文字列を選択状態にするまでは、実際に [手で] と思ったのか判らないけど、Alt+D でアドレスバーにフォーカスするようにした。

ショートカットコマンドは、-DialogHandler と -MoveDir を &SubcommandOr で連続実行させたものを Ctrl+M に割り当てられたらよかったんだけど、ファイル/フォルダ選択のダイアログが出ていなくても DialogHandler がエラーを返さないのでダメだった。

2006/09/13(Wed)

[TOP↑] [管理]

だらだらとした、夕べの行動記録。

Bagel とdKill とブラウザデのフォルトスタイルシート。

[TOP↑] [管理]

夕べ、たまたま dKill というのを見かけたので Bagel を終了させる算段をしていて、むず痒いパソコン日記/2006/09 で作ったスタートページが Gecko だとちょっとヘンだったことに気づく。

で、直していたらリスト周りがヘンなことになった。いつもリスト周りの margin とかいじって苦労する。それがブラウザのデフォルトスタイルのせいだとは思いつつ、調べるのが面倒で放置してたんだけど、この際ちゃんと調べようと思う。

前に、各ブラウザのデフォルトスタイルを書いてるページをたまたま見たことがあったんだけど、「必要になったときに検索すれば出てくるだろ」と思ってメモって置かなかったら、やっぱりちょっと探すのに手間取ってしまい、相変わらず検索能力が低い。この間、お仕事の調べ物をしていたときに「数日前に見たページ」がどーしても見つからず、それからは反省して気になったものは極力メモするなりローカルに保存するなりしてるんだけど、そのうちメモったものが見つからなくなったりするんだろう。

前に見たページかどうかは解らないけど、とりあえず「ブラウザのデフォルトスタイルシート」というページを発見。ああ、そうか、margin だったり padding だったりするのでヤヤコシくなっていたのか。ということにやっと気づく。よく考えればそうなんだけど、なるほどね〜。

こくばんとタブレットの調整。

[TOP↑] [管理]

そんで、StoreRoom/2006/03 では Bagel でもツールチップが表示されなかった と orz だったけど、Bagel でツールチップが表示されるようになっていたことに気づき、ちょっと嬉しくなったのであちこちのこくばんにマーキングして周る。

LOOX のペンタブでちょっと落書きしたんだけど、実際にペンがディスプレイ表面に接地する地点とポインタの hot spot の位置が微妙にズレていて、細かいトコロはあんまり巧く描けない。左手だと結構いい感じなんだけど。[タブレットとペンの設定] は [右きき] にしてあったよなぁと思って設定画面を見たら [調整] というのがあった。タブレットはそんなに使うつもりがなかったので、あんまりよく見てなかった。

調整してみたら大分よくなったけど、右手だとマウスカーソルの傾きとペンの傾きが丁度一緒で、マウスカーソルが陰に隠れて見えなくなっちゃうので、やっぱり細かいトコロは左手の方が描きやすいかも。どーしてもというなら逆向きのカーソルを使えばいいんだろうけど、私の場合はマウスカーソルを切り替えるより左手にペンを持ち替える方が簡単。

…あとも一つぐらい何か書こうとしていた気がするけど、忘れた。

ユーザー登録の変更。

[TOP↑] [管理]

書こうとして忘れちゃったこととは違う話を思い出した。

プロバイダの変更に伴うメールアドレスの変更を友人知人に連絡する件については、「まぁ、そのうち、気が向いたら」ということになったらしいが、各種サービスのユーザー登録変更は、日記でグダグダした後に実行したらしい。

こういうのってまとめてやると、つい「評価」をしてしまう。

というので考えて、3つそろって「これは親切!」と思ったところはなかったけど、一番親切だと思ったのは、sbox を借りているサーバーだった。

* * * * *

登録変更の仕方が一番解りにくかったのが銀行。登録画面もちょっと解りづらかった上(実際、一度間違って入力したらしく、エラーが出た)、変更後ログインしたときに表示されるトップページに戻ったら、いつもは表示されているメールアドレスがない。

ちゃんと変更できたのかしらと思いつつ、「そのうちメールが来てみりゃ判るだろ」と思って確認もしないでいたら、翌日になって古いアドレスの方にメールが来た。

やっぱり変更に失敗してたのかとログインしてみたら、トップページにはちゃんと変更後のアドレスが表示されている。試しに登録変更のページを開き(こっちも変更後のアドレスが「現在のアドレス」として表示されている)、特に何も操作せずにトップに戻ると、またメールアドレスの表示が消えちゃってる。一度登録画面を開くと消えちゃうのが仕様なのか。

何かと手続きに時間の掛かる銀行のことなので、メール変更にも「3営業日」とか掛かるんでしょう、きっと。

品質向上には協力しない。

[TOP↑] [管理]

↑を書いていたら、突然 Sleipnir が落ちました。で、こんなダイアログが出ました。「品質向上には協力しない」という言い切りが怖いです(;_;)。「発生手順」も何もなく突然落ちたのでなければ、思わず送信したに違いありません。

Bagelこくばんの話は、書いてる途中でイヤな予感がしてきて別のエディタに場所を移したんだけど、予感なんて全然アテにならないんだ。


↑を書いてたのが 2006/09/13(Wed) 12:21:37 ですが、また落ちちゃいました(2006/09/13(Wed) 15:36:35)。今度は他のウィンドウにフォーカスを移した瞬間だったけど、それは偶々のタイミングなんじゃないかという気もし。

ところで「不具合報告」に関して、「協力してやってる」という気持ちなんかもちろんないんだけど、「自分が困るから」というだけでは中々できなくて、やっぱり「親切心」は必要なのだ。 「ちょっと我慢したり、工夫したり、気をつけたりすれば回避できる」ならそれでいいと思ってしまう、「なんか手間取らせても悪いし」という気持ちを、「親切心」で中和出来たときに報告しようと決心をする。

この前いくつかの件で不具合を見つけて、それぞれ報告したりしなかったりしたんだけど、その判断基準と言うか、中和剤である「親切心」の起きた理由を自分に尋ねてみると中々面白かったりして。

で、「報告」ではなくて「要望」になると、「親切心」で中和するのも難しい。ずっと「履歴を検索する機能が欲しい」と思っているんだけど言い出す気にはならないわよねぇ、と思っていたら Bagel にあって、ヨダレがたれた。

2006/09/15(Fri)

[TOP↑] [管理]

スクリーンキャプチャ。

[TOP↑] [管理]

StoreRoom/2006/08 でメモっておいた Raptur というお道具。ウィンドウを並べて広げるのが困難な狭いディスプレイでは、中々便利です。

ただ、キャプチャしたものを保存することは出来るんだけど、一々ファイル名を付けたりせず、「ショートカットキーで、指定のフォルダに連番で保存」みたいなことが出来ればいいのに、と思っていたんです。 でも元々「保存用」のツールではないわけなので、余計な機能かもしれない「要望」を出すのはなぁ、みたいな。

で、しばらく前から CLCL というクリップボード拡張ソフトを使っていたんですが、10日に書いていた DialogHandler の方のところによいプラグインがありました。 CLCL_tool_autosave というもの。

タイトル: Rapturの保存
コマンドライン: -Format=BITMAP -Path=D:\hoge\&yyyy;-&MM;&dd;-&HH;&mm;&ss;&ext; -WindowClass=RaptureWindow
実行するタイミング: 履歴にデータが追加された時

という風に設定しますと、Rapture のウィンドウにフォーカスして、Ctrl+C でクリップボードに送ると同時に hogeフォルダに保存されるんですねぇ。素晴らしいわぁ。 ついでなので、ブラウザの画像やテキストも保存するようにしました。こっちはコピーしただけで何でもかんでも保存されては困るので、ホットキーを割り当てておきましたが。 でも、コマンドラインでウィンドウが複数指定できるといいなぁと、ちょっと思いました。

2006/09/19(Tue)

[TOP↑] [管理]

削除できないユーザーアカウント。[LOOX]

[TOP↑] [管理]

やっぱり何か、色々ヘンな LOOX。 ちょっとした悪戯でユーザーアカウントを作って、削除しようと思ったら、できない。

ヘルプに「管理者権限のアカウントを、自分自身で削除はできないよ。他の管理者権限で削除してね」というようなことは書いてあったけど、言われるまでもなく、そのようになっている。 ただ、このページ で、最後の画面にあるとされている [アカウントを削除する] という項目がないんだ。

その前に、本当は [制限] されたアカウントを作ろうと思っていて、[アカウントの種類] の画面では [制限] がグレーアウトしていて選べないので変だなぁ、とは思っていたんだけど。作ってから変更すればいいかなぁと思ったら、変更も出来なかった。[アカウントの種類を変更する] 項目こそあるが、やっぱり [制限] はグレーアウト。

「なんか私が勘違いしてるんでしょうか」と MG で試すと、こっちはちゃんと普通に [制限] が選択できるようになっている(アカウントを作成するとこまでは試してない)。

とりあえず、[コンピュータの管理] から悪戯で作っちゃったやつの [アカウントを無効にする] にしておく(なんか [削除] は怖かったので。そのうち、度胸の据わっている日にやってみるかも)。

細かく「リカバリしてみたらどうかしら」なポイントが加算されていくなぁ。

[LOOXの謎な挙動]

2006/09/22(Fri)

[TOP↑] [管理]

モデムの設定できました。

[TOP↑] [管理]

器機をつないで、ブラウザからモデムにログインしようとしたら、「サーバーが見つかりません」って言われちゃうんです。もちろん、アドレスを打ち間違えてるとかじゃないんです。説明書にある「こんなときは」には、インターネットのプロパティとかTCP/IPの設定とか書いてあるんだけど、何だかそんな難しい話じゃないと思うんです。

そんなわけで、LOOX は止めにして、MG で接続してみました。何なくログインにこぎつけました。またお前か、LOOXっ(いや、この件は、最近の挙動不審と関係ないようには思うんだけど)。

よく判んないけど、なんとなく [ワイヤレスネットワークの接続] で、一旦切断してから再接続したら、この通り LOOX でも Wiki に書き込みが出来るようになりました。

* * * * *

新しいモデムは音が気になります…。部屋の端と端、多分 3m は離れたところにいるんですが、目の前の LOOX と MG の音とは別に、モデムの音が聞きとれてしまいます。ちょっとイヤかも。前のモデムは「音がする」なんて思ったことなかったんだけどなぁ。

2006/09/22(Fri) 14:23:39

2006/09/23(Sat)

[TOP↑] [管理]

Sleipnir のプラグイン。

[TOP↑] [管理]

ちょっと触ってみただけなんだけど、結構便利かも。ついでにGecko プラグインも入れといた。

HTML 文書の関連付け。

[TOP↑] [管理]

IE のコンテキストメニューの [ソースの表示] はレジストリエディタから

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\View Source Editor\Editor Name]
@="D:\\hoge\\sakura.exe"

こんなキーを作って sakura で開くようにしてあるんですが、Sleipnir の [選択部分のソースを表示] だと notepad で開いてしまいます。で、HTML 文書の関連付けの [編集] を書き換えようと、[フォルダオプション] の [ファイルの種類] から [HTML Document] の [詳細設定] を開きました。

ないんです。[編集] というアクションも、それに類するような [edit] みたいなアクションも。 あるのは、[print,printto,sleipnir,Sleipnirで開く(既定),開く,同じウィンドウで開く] 以上。

レジストリエディタで見ても、HKEY_CLASSES_ROOT\htmlfile\shell 以下のキーは [open,opennew,print,printto,Sleipnir,Sleipnir2] 以上。

…ファイルを右クリックしたときのコンテキストメニューに確かに表示されている [編集] というメニューは、どこから引っ張られてきているのでしょう。試しにフォルダオプションから [編集] というアクションを作ってみると、[編集] というメニューが2つになっただけでした(Sleipnir の [選択部分のソースを表示] は相変わらず notepad)。

そして、テキストファイルも、右クリックすると [開く,印刷,編集] というメニューが表示されるのですが、フォルダオプションを見ると [open,print,printto] だけで [編集] がないんだなぁ。

HKEY_CLASSES_ROOT\.htm\OpenWithList これかな?

[TOP↑] [管理]

MRX を見てみました。

フォルダオプションの [編集] とコンテキストメニューの [編集] の関係はナゾのままですが、とにかく「望みの動作」は手に入れていたんだよなぁ。…ど…どうやって?

* * * * *

MRX のレジストリエディタで [sakura.exe] を検索してみます。

HKEY_CLASSES_ROOT\.htm\OpenWithList\sakura.exe

こんなのが見つかりました。

HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\sakura.exe

の下には edit と open というキーがあって、

HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\sakura.exe\shell\edit\command

のデータに sakura のパス。

こんな複雑なことをした覚えはないので、sakura の側に関連付けの機能があって、それを実行したんだろうかとも思うけど、そんな覚えもないなぁ。 ともかく sakura の設定を見てみる。見つからない。一応ヘルプも [関連付け] で検索してみたけどないっぽい。…1年ぐらい前の私は誰なのでしょう。

HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\sakura.exe を LOOX で試すのは、また今度。 レジストリエディタで見つかる sakura.exe も上記だけではないので、もうちょっと見てみたいけど今日は時間切れ、ここまで。

めも:sakura はディレクトリごと XF からコピーして、その後のバージョンアップも exe のみダウンロードして上書きをしているんだけど、もしかしたら一度ぐらい、インストーラつきのパッケージでインストールしたことがあったかもしれない。あったとしたらインストーラの仕事かもしれないなぁ、と思ったんだけど、[プログラムの追加と削除] にないってことは思い違いか。

続めも:インターネットのプロパティの [プログラム]>[HTML エディタ] が [サクラエディタ] になってる。あ、ここにプログラムを追加するレジストリの編集方法は、かつて知っていた(この日記にも探せば書いてあるかも)。MRX でそれをやった記憶はないけど、世の中「記憶がないからやってない」ということにはならないのだ。ただ、自分でやったなら「sakura」という名前にしそうなので、やっぱり「サクラエディタ」側でやったのかしらねぇ(正式名称は「サクラエディタ」)。


関係ないけど、MRX のトラックポイントはいよいよ壊れてまいりました。 全く動かなかったり、力を加えたのと反対方向に飛んでったり、運良く行きたい方向に動かせても、止めたいポイントから 20〜40ドット分は惰性で流れて行ったり、めちゃくちゃです。

しょうがないのでキーボード操作になるのですが、TAB連打も中々大変。 というわけで、ずっと以前ちょっと使っていたことがある KeyPointer というのを思い出して入れてみました。結構ストレスなく使えてた記憶があるんだけど、慣れるまでは中々「快適」とはいかないなぁ。ポインターを動かすのに、つい矢印キーに手が伸びちゃう(笑)。 キーの割り当てを矢印キーにしちゃえばいいんだけど、そうすると斜め移動の割り当てをどうするか、悩んじゃうのよねぇ。


関係ないけどその2。これは LOOX から書いているんだけど、こういう「MRX でレジストリのキーをコピーして MRX に渡したい」ときなんか、これまで個人 Wiki を経由したり、連絡用のテキストファイルを作って書き込んだりしてたんだけど、ちょっと面倒。それで先日、クリップボードを共有するような道具を探そうとして、なぜか chatrun というのに行き着いてしまった。想定されている使い方とは激しく違いそうだけど、便利。

何でもかんでも sakura にしてみた。

[TOP↑] [管理]

MRX のレジストリを見るに、

  1. HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\sakura.exe\shell\edit\command
    HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\sakura.exe\shell\open\command
    
    というキーを作って、データに sakura.exe のパスを入れ、
  2. HKEY_CLASSES_ROOT\.htm\OpenWithList\sakura.exe
    
    というキーを作ればいいんでしょ?

と思ったんだけど何か面倒くさかったので、この際 notepad.exe で検索して出てきた

HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\notepad.exe\shell\edit\command
HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\notepad.exe\shell\open\command

のデータの %SystemRoot%\system32\NOTEPAD.EXE %1 を sakura のパスに変えちゃえば、notepad が呼ばれるはずのところで sakura が開くんじゃないか? と思ったりして、やってみた。

…何も起きなかった。少なくとも、私の期待したことは起きず、テキストファイル(拡張子が txt のファイルではなくて、log とかの中身がテキストデータなファイル)をダブルクリックすると notepad で開いてしまう。あれぇ、思い違いかぁ。

さらに、「HTML に限らず、notepad の代わりに何でも sakura」の方針を捨てず、notepad.exe で検索。

HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations\text\OpenWithList\Notepad.exe

というのが出てきた。なんかアヤシイ。text の下には shell というキーがあって、

HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations\text\shell\edit\command
HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations\text\shell\open\command

のデータにそれぞれ notepad.exe のパス。今度はこれを sakura のパスに変えてみる。

びんご〜。テキストデータのファイルをダブルクリックすると、なんでもかんでも sakura で開く。 もちろん、元々の懸案だった Sleipnir の [選択部分のソースを表示] でも sakura が開く。

一応、最初の

HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\notepad.exe\shell\edit\command
HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\notepad.exe\shell\open\command

これはよく判んないので、データのとこを notepad.exe に戻しておいた。

2006/10/01(Sun) 23:57:17

* * * * *

と思ったら、HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\sakura.exe というキーは、作らなくても既にあるもんなのね。

2006/10/02(Mon) 00:20:29

2006/09/28(Thu)

[TOP↑] [管理]

LOOX P70T

[TOP↑] [管理]

なるべく見ないようにしようと思ってたのに、見てしまった LOOX の秋モデル。

ディスプレイが 1280×768 になってる。いいなぁ。 やっぱ、1024×600 だとちょっと狭いと思ってたので、本気で「70S を売っぱらって…」と考えちゃったわ。


| むず痒いパソコン日記 || ≪8月 | 10月≫ |

shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage || [edit]
select css: default | sakura | mono | greenheck | snow | NN4.x用(多分) || LinuZau!! | VikiWiki!? || others |

管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || PUT