管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || アンテナ || PUT || more≫ ≫omit
shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage ||[edit]
category: むず痒いパソコン日記/2003

むず痒いパソコン日記/2003/01 - 第三次、兄パソコン入院。再びキーボード編。

LastModified : Fri Feb 14 20:36:21 2003
[管理]

第三次、兄パソコン入院。再びキーボード編。

| むず痒いパソコン日記 || category:むず痒いパソコン日記/2003 || ≪2002年12月 | 2月≫ |

2003/01/05(Sun)

[TOP↑] [管理]

兄パソコンのキーボード。

[TOP↑] [管理]

こんなに末期的症状だったとは。

「外側に引っ張りながら Ctrl キーを押すコツ」のために、左小指が「慢性突き指状態」になってしまった去年の年末。 小指が疲弊してきたせいか、キーボードのほうの症状が進んだせいか、最近「外側に引っ張りながら」でも Ctrl キーが押せない事が出てきた。 コツを覚えてからは、5回も6回も連続で失敗することはなかったんだけど、一昨日辺りは絶不調。本当にイライラする。

そこに持ってきて、時々 T キーも認識されなくなり、その後、S も。 それでもこれはまだタイプミスかもしれないとも思っていた。 Ctrl はある程度意識しながら打つから「今のは絶対押してたわよ!」と言えるし、慎重に押し直しても認識されないことが多かったけど、T や S は「本当に押したかどうか」なんて確信持てないし、大抵押し直すとちゃんと打てる。 「じゃあさっきのは本当に押しはぐったんだろう」。むしろそう思いたい。壊れてるなんて考えたくない

ところが。最近ほとんど Web 閲覧ばかりでキー入力することがなかった弟パソコンでチャットをし、翌日、兄パソコンを使ってイライラしてみ、その「タイプミスの頻度の比較」すれば、やっぱり「兄パソコンのキーボードはコワれています」という結論に達せざるを得ない。 というか、どんどん酷くなっていて、最早「気のせい」とは思いたくても思えない。 この文章を打っている今、まさにストレス限界。うああああ。イライラ。SSSSSSSSS!! IIIIIIIII!!!!! TTTTTTTTT!!!!!!!!!!

出現頻度を見るために、入力されなかったキーをそのまま放置して、知人宛に適当な伝言を書き続ける。

もうボロボろんk−ぼーど。<もうぼろぼろなキーボード。の A と I が抜けた…。

ゆっくり打ていうのでタイプミスではない。<T と R も…。いや R は気の英だと思ってたんだけどなぁ。<×英 ○せい

この頻度、本格的にダメかも。

なにしろ Ctrl を打てる核rつが著しく低下し散るのは痛い。<もうかうんとするのもめんどくあい。

まあ第一家電への連絡を試みる前に、もう一度本かくてk(i)に(s)おうじ(s)いてみよう。

でも<del>は NN4.xでは未対応だから掲示板では<s>をつか(tte)る。

同じように挿入の<ins>というタグもNN非対応だけど、わた(s)いはぜひ(t)うかいたいタグなので wiki では使ってしまう。

判明した弱点。

でも、Ctrl はまだ「外側にひっぱりながら押す」と(i)うコツを意識しながらタイプできるけど、他のキーは「ここを負(s)えばい(i)」と判っていてもタイプしながら実行できるもんではない。

全くだ。
痛いのは、パスワードの入力なんかだと、[*]表示なので入力ミスに気付きにくいこと。

[キーボード] 2003/01/05(Sun) 23:59:35

2003/01/08(Wed)

[TOP↑] [管理]

兄パソコンのキーボード、満身創痍。

[TOP↑] [管理]

ちょっと前から出ている症状。

カーソルは動くんだけど、最初の数文字が選択できず、そのままカーソルを移動させると途中から選択が始まったり、20文字くらい選択しても全て選択状態にならなかったり。酷いときは3・4回やり直すことになる。

でも、「どうせ IE だし、たかがテキストエリアだし」とか思って気にしてなかった。 今は wiki のテキストエリアに長文書いたりするけど、前はそんなに直接テキストエリアに入力することはかったから、「気付かなかっただけかもしれない」とか。「きっとリソースが減ってて挙動不審になってるんだろう」とか。

ところが3・4日前、ついにテキストエディタ(SakuraEditor)で編集中にこの現象が出てしまいました。 とりあえず、「どうせ IE たかがテキストエリア」は撤回。 でも、文字列選択以外には、今のところ「Shiftキーが巧く押せてない?」と思われるような現象は出ていない。 キーが物理的におかしくなっている以外に考えられることってなんだろう?

[キーボード] 2003/01/08(Wed) 17:34:17

追記。

[TOP↑] [管理]

これを書いた後、別なエディタでもこの現象頻出。ほとんど失敗することのほうが多かった。げろげ〜ろ。

2003/01/08(Wed) 23:43:28

2003/01/12(Sun)

[TOP↑] [管理]

兄のキーボードをお掃除する。

[TOP↑] [管理]

まあ第一家電への連絡を試みる前に、もう一度本かくてk(i)に(s)おうじ(s)いてみよう。

昨日エアダスターを買ってきて夜にちょっと試したら、掃除直後はものすごく調子がよくなった。 「な〜んだぁ、ゴミだったのかぁ」と思ったけど、でも使ってるとやっぱり時々 e と a と i が抜ける。 それでも、Ctrl キーは全く問題なくなったし、症状が緩和したってことは原因はやっぱりゴミに違いない。 あとでもうちょっと念入りに掃除してみよう。

と思って今日。 なんか以前とほとんど変わらない感じで、a と i と e と s と t が抜ける。 shift の症状も1回出た。直ったのは Ctrl キーだけの模様。 問題のキー周りを昨日よりは念入りに掃除してみたけど、変わらず。

エアダスターでは掃除しきれていないだけなのか、原因が別なのか、判らなくなってきた。

[キーボード] 2003/01/12(Sun) 13:44:35

2003/01/17(Fri)

[TOP↑] [管理]

どうでもいいけど、ディスプレイがなくてもパソコンは動く。

[TOP↑] [管理]

電源管理でディスプレイの電源が自動的に切れるようになっている。 それが、切れたまま戻らなくなった。 前にも何回かあった気がするけど、そのたび電源を切って再起動していた。

今日は真っ暗な画面に向かって、ランチャをアクティブにするショートカットキーを叩き、そのまま慎重に(キーボードの不調もあるので)[standby]と打つ。実際には補完機能があるので、[stan]だけど。で、[Enter]。

おお、見事にスタンバイできた。

で、適当にキーを押してスタンバイから復帰させると、ちゃんとディスプレイも復活した。 単に、「ディスプレイのない状態でも、ちゃんとパソコンは動いてるんだねぇ」というだけの話。 そして、コマンドを打つときはやっぱり「見えないランチャのあるべき場所」に視線が行くんだね、という話。

2003/01/17(Fri) 00:34:03

2003/01/24(Fri)

[TOP↑] [管理]

キーボードの修理。

[TOP↑] [管理]

やっぱりエアダスターで片付く問題じゃなかった。 「ゆっくりと押さえ込みながら打ち、それでも打ち損ねて直す」ので、 タイピングの速度は通常の倍はかかっている。 まるで「キーボード触り始めて、ようやく慣れてきたヒト」のような感じ。 傍から見ると、5本の指にやたら力を入れているのも、不慣れな証に見えるだろうなぁ。 「そんなに力入れて押さえなくても大丈夫なのよ」と忠告の一つもされてしまいそう。

本当にもうねぇ、手はクタクタだわ、
それでも 3回も 4回も打ち直しさせられた時のイライラといったら…!

とうとう今日、プツンと切れて第一家電に電話。 傍から見たら早くしろよ、ってところなんですけどね。 そして 去年の10月で第一家電の補償は無効 になっているのを、録音テープ に教えてもらいました。

Ctrl キーは大分前からイカれてたにせよ (エアダスターで Ctrl キーだけは復活したかのように見えたけど、この 2・3日、また怪しいです)、 他の T とか S とかは 12月の中ごろからの症状なわけで、既に遅かったわけで。 さすがにこれは何ヶ月もガマンして使えるもんではない。

一月と少しガマンできたのは、最近 wiki いじりをしていることが多く、 そのときは、タイピングしている時間より考えてる時間のほうがずっと長いわけで、 タイピングも一文字一文字打っているわけで、「早く打てない」のが「ストレス」にはならなかったから。


次に SONY の「技術的なご相談窓口」ではなく「修理依頼」のほうに電話してみた。 ごく簡単に症状を述べて単刀直入に一番聞きたいことを聞く。

こら、第一家電、あたしの 24,000円を返せ!!

っていうか、去年の5月に「再現せず」で戻されたとき、 「再現するまで預かってろ!」と強弁すればよかった。

まあ、必ずしも交換とは限らないわけで、というより、交換する可能性のほうが低いとは思うけど、 それでも大体電化製品の修理って最低 8,000円スタートくらいよね。

ちょっと恩着せがましく「夏に一度修理に出したら、"再現せず" でそのまま返されて、 その間に第一家電があんなことになってしまったので… (言外。夏にちゃんと見ておいてくれればこんなことにはならなかったのよ)」と訴えてみたり。

さて、どうしようか。また入院準備か。梅、都合4回目の入院?

[キーボード][第一家電の悲しい話] 2003/01/24(Fri) 22:49:39

2003/01/25(Sat)

[TOP↑] [管理]

何度でも繰り返すネットワーク問題。

[TOP↑] [管理]

さて、兄パソコンの入院に備えてバックアップ作業。 兄がいなくなると弟は FD にしかバックアップ出来なくなるので、一緒にバックアップ。 無線LAN は遅いので、i.Linkを使う。

…使えない…。

いや、兄から弟を見ることはできるので、使えないわけでもないんだけど、弟から兄が見えない。 i.Linkのユーティリティを起動してみると、[一覧] に兄がいる。 DOS プロンプトで ping も通る。あ〜、こんな感じの、前にもあったのよ。なんだっけな。

と思いながら、弟の [ネットワークコンピュータ] の [プロパティ] をチェック。 [TCP/IP Sony -> i.Link(1394)Adapter] を見る。 う〜ん、[Microsoft ネットワーク共有サービス] はチェックが入ってるしなぁ。 面倒がらずに「むず痒いパソコン日記」をグレップグレップ。

2002/07/08(月)

弟パソコンからは兄が見れるのに、兄から弟が見えない。んんん…。何でだろう。

ちょうど逆のパターン。 やっぱりねぇ、日記はもう少し完結に要点・手順のみを書いたほうがいいと思う。 なんだか引用のしようがないほどこんがらかった記述をしている。 自分の書いた文章ながら、何を言ってるのかよく解らないよ…。

とにかく、[Microsoft ネットワーク共有サービス] なのだ。 但し、弟でなく、兄のほう

[LAN] 2003/01/25(Sat) 16:10:37

RealSync問題じゃなかったかもしれない問題。

[TOP↑] [管理]

バックアップに RealSync という ミラーリングツールを使っていた(過去形なのは最近全然バックアップを取っていなかったから。 日々更新するようなファイルの多くは Web 上にあったりするから、という言い訳もある)。 兄のHD>兄のCD-RW は問題ないんだけど、弟のHD>兄のCD-RW にバックアップをとるときに限って、 [例外0E が VXD IFSMGR(04)+00013EFE の 0028:C02BD76E で発生しました] という青画面になることがとても多かった(最初の記述は 2001/04/01(sun)にある)。 で、面倒なので手動でやってたりしたんだけど、先日久しぶりにバージョンアップされてたので (更新内容には、特にこのエラーに対応したと思われる記述もなかったけど)、久しぶりに使ってみる。

ちびの [MyDocuments] にはルートに 13 のフォルダがある。 4つ目までは巧くいっていた。本当ならとっくに青画面になってそうなもんだけど。 ところが5つ目でコケた。 いつもは更新の途中で出ることが多かったんだけど、今日は [更新] を選んだとたんに青画面。 2・3度やってみても、選んだとたんに青画面。2台とも再起動してみても、青画面。

それまで調子がよかったので、もしかしてこのフォルダに何か問題があるのかもしれないと思い、 そのフォルダを飛ばして次のフォルダに挑戦。問題ない。 結局、問題の一つのフォルダを除いて全て巧くいってしまった。

* * *

さて、「何が問題?」と考えると「名前」しか思いつかない。 青画面を出すフォルダの名前は、[D:\MyDocuments\MEMO]。 この下には、ほとんど更新していないファイルが5つ6つと、 SmallWrite というメモ用の小さなプログラムが データファイルごと、それから 紙2001 というプログラムのデータ用フォルダがあるだけ。 [紙] のデータ以外を取り合えず手動で CD-RW にコピー。 [紙] のデータフォルダ [D:\MyDocuments\MEMO\Kami Data] を [D:\MyDocuments\kami] にコピー、 [RealSync] でミラーリングしてみる。 途中まで巧くいったので、やっぱり名前かと思っていたら、やっぱり出た、青画面。

原因究明も面倒なので、「これから MEMO は手動でバックアップするということで」と納得し、 フォルダウィンドウからコピーしようとしたら、また青画面。 もう一度試してみるけど、やっぱり青画面。

以前 RealSync で青画面が頻発してたときは、「一度出ると何もしてなくても青画面」ということがあったけど、 少なくても今日は「MEMO を触ると」という規則性があった。 [Kami Data] の中のファイルに何か問題があるのかもしれない、と思って思い出した。

実はもう随分前に、何かの拍子に名前のない [.txt] というファイルが出来てしまってたんだけど、 それがそのまま残してある。削除してみる価値はあるかも。 と思ったら [使用中] とか [プロテクトされている] とかで削除できない。 試しに CD-RW の中を見てみると、[.txt] というファイルはない。

再起動して削除、OK。フォルダウィンドウから CD-RW にコピー、OK。 RealSync で [MEMO] フォルダを [更新]。 もう更新するものはないので、[更新開始][更新終了] だけのログが流れる。 とりあえず、[更新] を選んだとたんに青画面にはならない。

以上のことから考えるに、[.txt] をコピーしようとするタイミングで 青画面が出ていたというような気がするのですが。 以前はもっとランダムに青画面が頻発していた気がするけど、少なくても今回は。

*

さて、[.txt] がいつからあったのかというと、「大分前」ということしか判らない。 「あ、名前がないファイルだ」というのを珍しく思うくらいの「前」だ。 その後弟パソコンは確実に数度のリカバリを経験しているはずなので、 今回弟のバックアップ用 CD-RW に [.txt] はなかったけど、 以前は CD-RW にコピーされ、リカバリ後に戻されていたということになる。 何で今日ダメだったのかは解らない。結局何も解らない。

判ったことは、「またゴミデータが溜まってるなぁ」ということだけだ。 それはバックアップの度に思うことだけど。 「これ、もういらないんじゃないの?」っていうファイルが RealSync のログ画面をすいーっと流れていくのを見ながら、 「そのうち大掃除しないとなぁ」と思うのだった。

[CD-RW] 2003/01/25(Sat) 18:08:32

2003/01/28(Tue)

[TOP↑] [管理]

最近は O かな。

[TOP↑] [管理]

とっとと修理に出せばいいものを、兄パソコンはまだ手元にいる。 そうして昨日から、「O」の調子も悪いような気がしてきた。

[キーボード] 2003/01/28(Tue) 18:22:36

2003/01/30(Thu)

[TOP↑] [管理]

修理依頼いたしました。

[TOP↑] [管理]

明日の昼過ぎには兄パソコンは旅立ちます。

そんなわけで、初めて販売店を通さずに修理に出すわけですが、なんというか、丁寧ですね。 「では、修理依頼の手続きを」の後の質疑応答が長い長い。もちろん非難してるんじゃないですが (後で判ったんだけど、「VAIOカルテ」という、添付書類に書く項目を全て聞かれてたんだった。 必要事項の記載漏れが多いのかな)。 ふと、あのとんでもない対応続出の「技術的なご相談窓口」とは違う業者(か Sony 内部)なのかな、とか思ったり。

でも、「パソコンを買った日付」なんて聞かれて、即答できる人間が私以外にもいるのだろうか…? いや、私だって99年の12月まではすんなり出るけど、日付はキビシイ。 もちろん、答えながら「パソコン日記」を参照してるわけなんですが。 考えてみたら、弟パソコンは何月かもアヤシイな (買った月ではなく、「兄パソコンが初めて入院した月」のほうが思い出しやすい)。

いや、そうなんだけど、なんか笑いそうになってしまいました。

[キーボード] 2003/01/30(Thu) 14:10:57

余談:始末がいいと、困ります。

[TOP↑] [管理]

バックアップは取ってしまったし、ウカツに兄パソコンで大事な作業をしてはいけないので、今日はもう使わない。 LANカードも、忘れないように外しておこう。

…と思ったら。兄パソコンの LAN カードの差込のところ。 カードを抜くとポッカリと穴が開いてしまうんですね。 元は、穴ふさぎ用のダミーが刺さってたんですね。 ど…どこにやったろう。そういえば見かけた記憶がない。 こんな始末のいい私が、そんなものをうっかり捨てるはずはないけど、 心当たりの引出しには、ない。…うそぉん…。

始末がいいと、「ここ」と思った場所以外に、「探すべき場所」がない。困った。

――ええと、どこにあったかというと。 「ここ」と思った場所は、「LANカードの空のケースを入れてある場所」だったのです。 ええ、もちろん、そういうものもちゃんと取ってありますよ。当然です。 そうして、LANカードのケースに、ダミーは入っていたのです。 ああ、なんて始末がいいのでしょう。

そういえば、当然ですが、修理依頼の丁寧な電話のやりとりの際、確認されましたよ。 「もしも出荷状態に戻した場合、プロダクトキーとゆう大事なものが必要なのですが、 ソレの書いてある、FirstStepGuide はお手元にございますか」と。 確認するまでもなく、「はい」と答えながら、「あそこ」と思った場所にちゃんとあるか、 本当は少し心配でした。 今確認しましたけどね、ちゃんとありました。

RooFTP が壊れたぁん。違うサーバーか。

[TOP↑] [管理]

RootFTP がモジュール違反かなんかで落ちました。たまにあることなので、エラーもメモってません。 で、再起動して、cgi-bin 内のファイルをダウンロードしようとしたら、 [> 550 /***/cgi-bin: No such file or directory] なんてことを言われてしまう。 一瞬、ビビりまくる。

開きっぱなしの DonutP で、wiki のページをリロード。うん。ちゃんとそこに、wiki は動いているわよね。

何の気なしにツリーのペインで [キャッシュ更新] をしてみる。おお。更新した [cgi-bin] ディレクトリの表示がツリーから消えてしまいました。試しに別のディレクトリを更新する。おお、また消えてしまいました。

一つ上のルートに移動すると、ファイルの一覧のペインのほうに [cgi-bin] はあるし、ツリーにはキャッシュのないディレクトリが表示されるときのように半透明のディレクトリが表示されている。 でも、アクセスしようとすると、[No such file or directory]。

てっきり RootFTP の設定ファイルか何かが落ちた拍子に壊れたのかと思う。 幸いまだ入院前の兄パソコンがいるわけなので、RootFTP のディレクトリごと貰ってしまおうと考える。 念のため、兄の RootFTP を起動する。適当なファイルをダウンロードしようとする。

[No such file or directory]

ごめん。RootFTP じゃなかったんだね。

とにかく、FTP はダメなんだけど、こうして wiki には書き込めている、現在2003/01/30(Thu) 17:33:02

2003/01/31(Fri)

[TOP↑] [管理]

FTP 接続できない問題。

[TOP↑] [管理]

簡便な結論。

[TOP↑] [管理]
  1. 接続できない理由:サーバーの設定が変わったから。
  2. 対処:
    1. ホームディレクトリから指定しない。
    2. キャッシュを保存しない。
    3. 再接続。

対処の 1と3 は既にやっていたんだけど、「キャッシュの保存」一旦を止めて「再接続」が必要だったみたい。


以下の長文は、どうでもよい説明。

――――― 後略 ―――――

2003/01/31(Fri) 13:01:43

いってらっしゃい、兄パソコン。

[TOP↑] [管理]

たった今、兄パソコンは私の手の届かないところに行ってしまいました。 マンションの通路で配送の方が梱包作業してる気配がしております。

[キーボード] 2003/01/31(Fri) 13:33:25

| むず痒いパソコン日記 || ≪2002年12月 | 2月≫ |

shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage || [edit]
select css: default | sakura | mono | greenheck | snow | NN4.x用(多分) || LinuZau!! | VikiWiki!? || others |

管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || PUT