管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || アンテナ || PUT || more≫ ≫omit
shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage ||[edit]
category: むず痒いパソコン日記/2002

むず痒いパソコン日記/2002/03 - 弟パソコンメモリ増設。

LastModified : Mon May 26 09:18:04 2003
[管理]

弟パソコンメモリ増設。

| むず痒いパソコン日記 || category:むず痒いパソコン日記/2002 || ≪2月 | 4月≫ |

2002/03/06(Wed)

[TOP↑] [管理]

メモリを探す。

[TOP↑] [管理]

私はネットワーク関係とハードウェア関係に弱い(それだけ弱ければ、充分である)。 でも、ネットワークについては「向いてない」のが原因のような気がするけど、ハードは単に「やったことがないから」というのが原因のような気もする。 そんなわけで、前々からぼんやりと考えていた「弟パソコンのメモリ増設」案件を俎上に乗せる。

弟パソコンは、ユーザーが自分でメモリを増設してはいけないことになっていた。 メーカーに送ってやってもらうと、たった 64MB で、締めて 3万数千円。さすがに高いので諦めていた。 自分でやると保証が切れてしまうので、1年間はガマンして、ガマンしているうちにどうでもよくなって現在に至っていたが、店頭で新しいパソコンを触っていたら、やっぱり「うちの子ももうちょっとだけ、キビキビ動いてくれるといいんだけど」と思ってしまった。 兄パソコンは、パソコンを買うときに一緒にメモリも買った。 お店の人に聞くと、純正とそうじゃないのがあるというので、どう違うのか聞いたら「大して違わない」と言う。 純正が高いのは安心料と言うので、何も知らないうちは金を払う方向で、と思い安心料を支払った。 でもそろそろ、「補助輪」を外してみてもいい頃かも。

さて、ところで、「自分でやる」って、どうすればいいんでしょう。 なんだかメモリには色んな種類があるらしいし、特にC1みたいな特殊な機械、どんなメモリでもいいってはずがないのは、見当がつく。

Googleで、"C1XF メモリ 増設" あたりで検索してみる。 ユーザーのメモリ増設のレポートページが出てきた。 「これを使いましたよ」って書いてある。へえ、そうなのか。 それにしても、こうやって書いておいてくれるのは、私のようなボンクラには本当にありがたい。 私のためじゃないのは解っているが、親切だなぁと思わずにはいられない。 しばらくフラフラしていると、どうやら二つのメーカーから出ているらしいことが判る。 ええと、こういうのをサードパーティと言うの?

最初に見つけたのは、I・O DATAの [SNC1]。 ところがこれは、128MB 増設すると厚みでフタが閉まらなくなるので、別のフタとゴム脚をつけなくちゃいけないという。 なんだかちょっとカッコ悪い…。64MBの方なら、閉まるらしいけど。

次に見つけたのが、I・O DATAの後に「フタが閉まる」という触れ込みで発売されたらしい、melcoの [VA7]。 買うなら断然、こっちだわ。

でも、ちょっと不可解。両方とも、64MB は 5,000円ほどで買えるのに、128MB だといきなり 14,000円、約3倍にハネ上がる。 なんで? 洗剤だって野菜だって、大きなパックは「お徳用」で割安になるのが普通なのに…。 5,000円なら気軽に買ってしまえるが、14,000円ともなると躊躇してしまう。 かといって、5,000円出して「あんまり変わらなかった」というくらいなら、14,000円出しても「お、やっぱり違うね」と言ってみたい。

知人に話すと、「この先どれだけ弟パソコンを使うつもりなのかにもよる」と言われる。 言われてみれば、なるほどの見解。ぼんやりと3台目構想なんかもあって、そうなると投資した分無駄になる。 でも、よくよく自問すれば、購入時に入ったお店の保険(5年)が切れるまでは、とりあえず手放さないだろうという貧乏性な答えが帰ってくる。 なぜか、メモリを買うときは一緒に弟をブートできる CD-ROM ドライブも買おう、ということだけ決めて、この件はしばらく保留。

2002/03/19(Tue)

[TOP↑] [管理]

メモリがない!

[TOP↑] [管理]

なんだかとても体がだるい。背中から腕から力が抜ける。 何か建設的なことをやろうとして、懸案のメモリの件をお店に電話して聞いてみる。

とりあえず、ちょっと気になっていた「メモリを増設することで保険が無効になることはないのか」ってことだけ確認するつもりだったのだが、「増設したメモリが適用外なだけ、他は問題ない。もしメモリ増設の作業中にメモリ以外の部分を壊しても、故意でない限りそれも保険適用内」とのことで、ついでに注文もしてしまうことにする。 型番を言うと、メーカーに在庫の確認をして折り返し電話をするという。 CD-ROM ドライブの在庫を聞くと、これは1つだけあるという。

ところが折り返しの電話で「部材が手に入らない状態で生産中止・在庫もない」という返答。 「CD-ROMドライブは取り置きしておきますか?」と聞かれたが、なんだかやる気がなくなってしまったので、「いえ、いいです。そのうち買いに行きます」と投げやりなことを言って電話を切る。

電話を切った後、もう一度 melco のサイトに行ってみる。 カタログページの最終更新日が先月だと思ったんだけど、そんなにすぐになくなるものなの? カタログページはちゃんとあって、やっぱり更新日は先月。 もしかして、電話で型番を間違えて伝えたんじゃないかしらとか、先方が聞き間違えたってことはないかしらとか、そんなことも考えたりして。

どうしたものかと I・O DATA のカタログを見に行くと、64MBが [生産完了] で取消し線が引かれていて、128MBだけになっている。 やっぱりフタが出っ張っちゃうのは、なんかイヤ。

2002/03/20(Wed)

[TOP↑] [管理]

CD-ROM ドライブお買い上げとメモリの発見。

[TOP↑] [管理]

今日もやる気がないまま、それでも天気がよかったので、散歩がてら弟パソコン用の CD-ROM ドライブを買いに行く。 念のため店頭で、もう一度メモリの件を聞く。やっぱり生産中止、再開の見込みはないという。 メーカーサイトのカタログに「生産中止」らしいことが書いていなかった話をすると、店員のお姉さんが「叱っておきます」と言ってくれた。

人間、手に入らないと思うと、途端にそれが欲しくなる。 それに、チマタでは「ノートパソコンは2年で寿命」なんて言うから、2年前の弟パソコンのメモリが手に入らないというのは、まだ「ごめんね、寿命過ぎたパソコン使ってて」とスネながら諦めもつくけど、現行の C1シリーズと同じメモリなのにそれが手に入らないというのが、どうにも納得がいかない。 ないものはない、私の納得なんかは関係ない話ではあるけれど、帰りの道すがら、「中古で買うのは危ないのかな」と思いながら、ちょっと探してみようかと思う。

家に帰って、やる気のない CD-ROM ドライブは梱包も解かず放り投げ、インターネットの旅。 でも、こんなことやったことないし、どうやって探せばよいのか判らない。 まずないとは思いながら、VAIOユーザーの売り買い掲示板を見てみる。やっぱりない。 やっぱりオークションとかかしら、中古屋さんのサイトってどこかしら、なんて考えながら、"VA7 価格" でGoogle検索してみる。10くらいのサイトがリストアップされる。

なんだ。中古じゃなくてあるじゃん。

出て来たのはパソコン屋さんのオンラインショッピングのページで、行ってみると在庫に二重丸まで付いている。 人間、豊富にあると思うと安心して、「どうしても欲しい」というキモチがちょっと薄れちゃうのである。 「ふうん、なんだ。じゃあそのうち買おう」。

"そのうち" って何時だよ。

とにかく私は、やりつけないことをするのを、酷く億劫がる性質なのだ。 やったことのないオンラインショッピングに抵抗を感じ、在庫確認して店頭に買いに行くことを考えたりする。 …ええと、お店の電話番号調べなくちゃ…。…ああ、面倒…。…そのうちそのうち…。なんだかやる気がないのである。

2002/03/22(Fri)

[TOP↑] [管理]

オンラインショッピング。

[TOP↑] [管理]

私の「そのうち」は全くアテにならないので、"私その1" に任せておくのはやめて、"私その2" が行動を起こす。 物は試し、世間もすなるオンラインショッピング、私もしてみんとてするナリ。

"私その2" もやっぱり私には違いないので、ノロノロとオンラインショッピングのサイトへ行き、ウロウロとお買い物のシステムの説明を探す。 何がイヤって、カードで支払いをするのがイヤだったんだけど、なんだ、ちゃんと代引きとかも出来るのか。 売っているお店は 3つ、それぞれを比較して、商品価格は一番高いお店が、「送料」やら「支払い手数料」やらは一番安く、合計金額は数十円ほどの差しかないことを調べ上げ、「一番高い商品」を買うことにする。 商品にお金を出すのは仕方がないが、手数料に多くを支払うのは納得がいかないらしい。貧乏性の心理は複雑。

ドキドキしながら注文のページへ移動。 …まず、会員にならなくちゃダメなのか…。…面倒くさい…。…もうお家に帰りたい…。 ダイヤルアップでもあるし、オドオドしながら一旦接続を切り、何をどれだけ書き込むのか検分し、生真面目に規約を読む。 接続を切った状態で入力を終え、再び接続、お会計のページへ進む。また接続を切る。 どうもローカル環境でないと落ち着いて入力が出来ない、内弁慶。

全ての手続きを終えて、来るはずの確認メールを受信する。 あ、来てる来てる。 またも生真面目に記載に間違いがないことを確認して、一安心。ふぅ…。

コンビニ支払いを選んだので、さっさと払込を済ませてしまおうと玄関まで出て、雨がふっていることに気が付いた。

…ふにゃぁぁ…明日にしよう…。

どこまでもやる気がない。

2002/03/23(Sat)

[TOP↑] [管理]

ブラウザクラッシャー。

[TOP↑] [管理]

ローカルにある自分で作った HTML ファイルを、表示確認しながら編集していたら、ブラクラを踏んだ。うそ。

使っているタブブラウザが何かおかしなことになったのかと、次々開くファイルを無視してウィンドウごとを閉じるが、なぜかまたブラウザが起動して、さらにどんどんファイルが開く。 [Ctrl+Alt+Del] で [プログラムの強制終了] を出してブラウザを閉じるが、また起動してファイルが開く。ひえ。 2・3 度繰り返してムダと判ったところで、別の可能性を考える。

ディスプレイの端っこを見ると、ランチャの表示がおかしなことになっていて、どうやら異常はブラウザでなくこっちらしい。 そういえばランチャに HTML ファイルのパスを渡してあった。 そりゃあ閉じても閉じてもブラウザが起動するはず、ランチャが無限に命令を繰り返しているらしい。 ランチャを [プログラムの強制終了] から閉じる。

使っているタブブラウザは DonutP だが、以前無印 Donut を使っていたときにも同じようなことやってたな。 あの時は、ページ内を全て選択して、うっかり [リンクを開く] をコマンドしててそのことに気がつかなかったせいと思ったけど。

2002/03/24(Sun)

[TOP↑] [管理]

CD-ROM ドライブを使ってみる。

[TOP↑] [管理]

20日に買った CD-ROM ドライブ、「イザ」というときのリカバリーのために買ったものなので、梱包も解かずに放っておいた。 でも、万が一「イザ」というときに使えなかったりしたら大変なので、やっと動作確認をする。 それに私、PCカードって使ったことないし。

純正のドライブなので、ドライバのインストールの必要もなくすぐに使えたんだけど、謎が一つ。

とりあえず手近にあった CD-RW メディアをドライブに入れながら、「これって、リーダーとかがないと読めないんだっけ?」なんて考えていたら、CD-ROM ドライブのアイコンが [UDF] と書かれたアイコンに変わった。 ともかくその CD-ROM ドライブのアイコンをダブルクリックしたら、[Adaptec セットアップウィザード] というのが開いた。 インストール元とか聞かれたら判らないぞ、と思いながら [次へ] と進んでいったら、勝手にそのままインストールが終了し、CD-RWはちゃんと読めるようになった。

…でも…どこからインストールしたんでしょう…? 弟パソコンに [Adaptec DirectCD] 関係の何かって、入ってたっけ? [Program Files] の中をざっと探してみたが、それらしいものは見つからない。 Windows が持ってたの…?

インストールは済んだんだから、ソレでいいじゃないかと言えばそうなんだけど、ムダな探究心が湧き上がる。 試しに兄パソコンに入っている、DirectCD の Help を読んでみたら、「他のパソコンで読めるようにするには、[udfrinst.exe] を実行してインストーラを起動」とあるが、弟パソコンのCドライブを検索してもそんなファイルは入っていない。 [udfrinst.exe] は DirectCD のインストールディレクトリにあるというが、兄パソコンの DirectCD のディレクトリにもそんなファイルはない。 インターネットからダウンロードできるらしいし、兄パソコンはこの際どうでもよいのだが。

弟パソコンの、[C:\WINDOWS\SYSTEM] の中に [udfrunin.exe]、[C:\WINDOWS\SYSTEM\IOSUBSYS] の中に [udfreadr.vxd] というファイルは見つかって、「前者はアンインストーラ、後者は関連のなんかなんだろうなあ」とは思うが、何時からあったものか判らないし、やっぱりセットアップウィザードがどこから開いてどこからインストールしたのかは解らない。

…う〜ん、もしかして、ものすごくバカなことを疑問に思ってるのかなあ。

PCカードの取り外し。

[TOP↑] [管理]

確か、PC カードはいきなり引き抜いてはいけないはずだ。 知人のパソコンをいじった時は、タスクトレイにアイコンが出ていて、メニューに [取り外し] みたいなのがあった。 でもタスクトレイにアイコンはない。 [コントロールパネル] から、[PCカード] のプロパティを開き、取り外せる状態にする。

タスクトレイにアイコンが出ない原因は判っていて、試しに [msconfig] から [スタートアップ] タブの [SystemTray] にチェックを入れて再起動すると、タスクトレイに [PCカード]のアイコンが出て来た。 ところがメニューには [取り外し] のようなのがなくて、ただ、プロパティを直接開けるようになるだけだ。 なんだ、あんまり手間は変わらないじゃん。

タスクトレイを使うのはやめて、ランチャからプロパティを開くことにする。 ところが、システムフォルダを [*.cpl] で検索しても、PCカードのプロパティが開く cpl ファイルがない。 2月の7日に入れた Tweak UI の [コントロールパネル] タブで探してみたが、PCカードの項目がない。

仕方がないので、PCカードのアイコンからショートカットを作り、それにリンクさせる形でランチャのコマンドを作ったのだけど、本当はどのファイルなの…?

2002/03/26(Tue)

[TOP↑] [管理]

メモリ増設。

[TOP↑] [管理]

22日に注文をして、雨のせいで延期したメモリ代金の払込。24日にやっと済ませ、今日メモリ到着。 CD-ROM は梱包も解かず 4日も放っておいたが(以前買ったタブレットは10日も放置、ソフトはひと月くらい放置してたこともあるな…)、今回は受け取って十数分後には取り付け作業開始。ドキドキ。

説明書を見ると、ものすごく簡単。要するに、

これだけ。ふうん、そんなもんなんだ。 ところがフタのネジが回らない。無理やり回すとネジ山が痛みそうでとても怖い。 ふと、手近にあった瓶を持ってふたを回してみる。そうそう半時計回り。 また逆に回しちゃったらしい。左利きのせいで、よく間違える。人間工学的に、左手で半時計回りは、力を入れにくいのよ(言い訳)。

フタを開ける。おぉ電脳な感じ。エアパッキングからメモリを取り出す。おぉ電脳な感じ。

前にどこかで見た、メモリを増設の際の注意、「折らないようにね」という言葉が頭を掠める。 「コネクタをあわせて、力を均等に加えてゆっくり差し込む」と説明書にある。 均等に力をいれて、ゆっくり…差し込めない…。

コネクタがちゃんとあってないのかとスキマから覗き込む。「…あってるよなあ…」と半信半疑。 「折らないでね」という言葉と、「バキ」という不吉な音が、頭の中で交互に鳴る。 合わせ直して何度目か、「かくん」と軽い手ごたえがして右肩が差し込まれた。 「やたっ」と、左肩もゆっくりと押す。「かくん」。 はまったのかしら? いいのかしら? これでいいのかしら? 確認すべくイソイソとふたを閉めて、ACアダプタを繋ぎ、バッテリを付けるのももどかしく電源を入れる。

どきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどきどき…。

Windows が立ち上がるまでの長い時間。固唾を飲んで見守る。もし認識されてなかったら、どうすればいいのかな。 もし「何かマズイこと」が起きたら、このメモリはゴミになっちゃうのかな。 漸う何とか無事に立ち上がったのを確認したところで、すかさず [Fn+Win+Pause]。 なおもドキドキしながら[パフォーマンス]タブをクリック。

[メモリ:RAM:191.0MB]
やたっ。

* * *

さて、効果の程はどのくらいなもんなのでしょう。いろいろアプリを立ち上げてみる。 はっきり言って、劇的に「見違えるよう」とは行かない。 「ちょっと遅いな」と思ってたアプリの起動は、やっぱり「ちょっと遅いな」と思う。 もちろん、若干早くなってるのは判るけど、「メモリを増設しました」と言われなければ「気のせいかしら」で済んでしまうかもしれないな。

でも、気をつけてみると、描画が格段に早くなった。 以前はイライラさせられることがあった、ウィンドウが表示される時のギギギギ…という描画のもたつきがない。 ウィンドウを切り替えるだけでも描画がもたつくことがあって、ひどい時は3・4秒もかかっていたんだけど、一瞬で切り替わる。わーい。 IME の変換リストの表示やら、細かいところで操作中にジジジ…と「ちょっと考え込む」感じがなくなって、大分キビキビと動く。 ハードディスクへのアクセスが減ったってことなのかな。

…なんてことは、最新の機械を使っている人には、「何を今更寝言を」って感じなんだろうけど。

そんなわけで、これに 14,000円の価値があったかというと、「わーい、私にも自力でメモリの増設が出来たぞぉ」という嬉しさが 7割ぐらいゲタを履かせて、価値があったと言えるでしょう。


2002/03/27(Wed)

[TOP↑] [管理]

サーバー上の幽霊フォルダ。

[TOP↑] [管理]

サーバー上のフォルダを3つ消そうとしたら、2つはフォルダごと削除で消えたんだけど、最後の一つが消えない。 使っているFTPソフトは「RootFTP」というものなんだけど、ソフトのせいかサーバーのせいか、時々、サーバー上のファイル操作が出来なくなる。 削除できなくなることもあれば、更新出来なくなることもある。 ファイルをアップして上書きに OK しても、ブラウザからアクセスすると古いままのファイルが表示されたり(FTP からサーバー上のファイルをダウンロードすると古いファイルが落ちてくるので、時々聞く、IE のキャッシュ管理のマズさの問題ではないみたい)。

消せないフォルダはこんな階層構造。

フォルダA―フォルダB―ファイルc
      ファイルb

最初は「フォルダA」ごと削除しようとしてたんだけど、まず中のファイルを消すことにする。 「フォルダB」の中に入って「ファイルc」を消そうとするんだけど、やっぱり消えない。 何度か [削除] をしてみるんだけど、再描画の動作の後、ファイルが現れる。

いつもは一旦ソフトを終了したり、接続し直したりしてるうちに消えるんだけど、今回は消えない。なんかキモチわるい。 しばらく時間を置いてもう一度やってみたら、今度は「ファイルc」と「ファイルb」は消せたんだけど、やっぱり「フォルダB」と「フォルダA」は消えない。キモチわるい。

他の FTPソフトで試してみようかとも思うが、すぐに使い方を把握できそうな、簡単なのを探しにいくのが面倒。 Archive で FFFTP は持ってたけど、やっぱり設定をして使い方を読んで〜というのが面倒。 MS-DOS から、というのも考えてみたけど、手持ちのごく初歩的な MS-DOS の本には ftp コマンドが載ってない。 Web 上で探してみたけど、読むのが面倒。 どう考えてみても FFFTP の代替案が DOS って、余計に面倒。 IE で FTP ってどうやるんだろう。ああ、面倒。何もかもが面倒。

つまり、面倒なら放っておけばいいんだな。そのうち何とかなるでしょう。

2002/03/31(Sun)

[TOP↑] [管理]

サーバー上の幽霊消滅。

[TOP↑] [管理]

ネットに繋いだついでに、27日の幽霊フォルダ消しに再挑戦。自分の愚かさを知る。

元は、こんな状態だったのが、↓

フォルダA―フォルダB―ファイルc
      ファイルb

ファイルは消せて、今はこんな状態。↓

フォルダA―フォルダB

まず、下階層の「フォルダB」を消そうとするけど、やっぱり消えない。 ログのウィンドウに目をやると、赤い文字で [this directory is not empty] のエラー。 前にもこれは見ていたんだけど、"見ただけ" で、"読んで" はいなかった。 「empty」だけ見て、「空っぽだとかナントカ言ってる」、つまり「ないものは消せない」って話かしらと勝手に納得してしまってた。 ローカルのディスク上でも、「そんなパスにファイルはない」って言われてエクスプローラから削除できなくなったことあったし。

ちが〜う。「not empty」!!

これくらいの英語は、読まずとも "見ただけ" で理解できる英語力があって欲しい、私。

ファイルが入ったままでも、フォルダごと消せるはずなんだけど、とにかく「フォルダB」の中に入ってみる。 前回消したはずの「ファイルc」は表示されていないが、[キャッシュの更新] をしてみると、消えたと思っていたファイルがズラリと出てきた… (但し前回、この "消したつもり" のファイルに、念のためブラウザからアクセスしてみたら、表示できませんのエラーは返ってきてる。だからしばらく放っておいて平気だったのだ)。 「お願いだから、今度は大人しく消えてね」と全選択して[削除]すると、今度はいっぺんで消えた。 [キャッシュの更新] をしても、もう出てこない。 一つ上に上って「フォルダB」を選択、[削除]。これも消えた。ほ。

もしかして、「ファイルb」も消えたと思っているだけかと [キャッシュの更新] をしてみるが、こちらは本当に消えてるみたいで出てこない。 上に上がって「フォルダA」も削除。あ〜スッキリした。

ところで前回も、何度か[キャッシュの更新]はやったはずなんだけど、「フォルダA」の中でしかやらなかったのかな?

あまりマメなサイト運営はしてないし、とりあえず基本的なことだけできればいいと、FTPソフトの使い方も基本のところしか覚えてないんだけど、もう少し使い方を覚えたほうがいいかしら。 気付いてない便利な機能とかも沢山あるんだろうな。

[FTP]

| むず痒いパソコン日記 || category:むず痒いパソコン日記/2002 || ≪2月 | 4月≫ |

shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage || [edit]
select css: default | sakura | mono | greenheck | snow | NN4.x用(多分) || LinuZau!! | VikiWiki!? || others |

管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || PUT