管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || アンテナ || PUT || more≫ ≫omit
shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage ||[edit]
category: むず痒いパソコン日記/2001

むず痒いパソコン日記/2001/04 - ドライバを完璧に把握したそうです。

LastModified : Sun May 25 07:39:31 2003
[管理]

ドライバを完璧に把握したそうです。

| むず痒いパソコン日記 || category:むず痒いパソコン日記/2001 || ≪3月 | 5月≫ |

2001/04/01(Sun)

[TOP↑] [管理]

勝手に再起動。

[TOP↑] [管理]

弟パソコンで OutlookExpress でメールを受信、切断してメールを読もうとしたら、ふとポインタを見失った。 トラックポイントをぐりぐり動かして、ポインタを探そうとした。 それ以外の操作はなーんにもしてない。

次の瞬間ディスプレイが真っ暗になったと思ったら、メーカーのロゴが出て、再起動が始まった。 スキャンディスク後正常に Windows は立ち上がったが…なんか怖いなあもう。 それにしても、毎度毎度、起動時のスキャンディスクのメッセージがカンに触るわ。 ちゃんとした手続きで終了させてくれないのは、アンタ自身じゃないのさ。

スタンバイ復帰に失敗、しなかった。

[TOP↑] [管理]

また兄パソコンで 3月7日同様の電源ランプは緑で、ディスプレイが真っ暗の現象。 その7日の「パソコン日記」を弟パソコンで検索してたら、約10秒くらいして電源がちゃんと入った模様。 これからは、電源が入らなくてもしばらく様子を見てたほうがいいのかも。

[スタンバイ復帰]

またもCD-RW、じゃないかもしれない。

[TOP↑] [管理]

弟パソコンのバックアップを取ろうとしたら、また CD-RW が不調。 今度は、焼いてる途中で何度もブルーバックになってしまう。 [例外0EがVXD IFSMGR(04)+00013EFEの0028:C02BD76Eで発生しました] らしい。 結局3回くらい再起動しながら、バックアップを取る。

ただこのとき、焼いてる途中じゃなくても、作業の合間合間の何の操作もしていない時でも、ストンとブルーバックになってしまう。 もう面白いくらいに、ストンストンと十数回。 それに、普通ブルーバックから Windows に復帰できることは稀だし、復帰できてもそのまま固まってしまい、結局再起動するしかなくなるのに、今回は、毎度毎度 Windows に簡単に復帰できて、しかもそのまま固まらずに作業ができる (なので十数回ブルーバックが出ても、再起動は3回。動かなくなったからではなく、念のために)。 ファンが異様に回ったりもしない。

…でもこれは、弟パソコンのバックアップを取ってる場合じゃなくて、兄パソコンのバックアップを取るべきなのかも。 ところが兄パソコンのバックアップを取ってる間は、全くブルーバックにならない。

最近弟パソコンばかり贔屓にしていて、兄パソコンをほとんど使わなくなってしまい、ほとんど「OS 搭載の豪華な CD-RW ドライブ」状態になっている。 それに対する反抗か?

[CD-RW]

その後の経過

[TOP↑] [管理]

バックアップには RealSync というフリーのミラーリングツールを使っている。 どうやらこれを使うとこの症状が出てしまうらしい。普通に焼くだけではこの症状は起きない。 開発もほぼ終わってるような状態なので、他のツールを探そうと思いながら、放ってある。

その後の経過

[TOP↑] [管理]

あらぬ疑いをかけてゴメンナサイ。どうやら問題の一部は、CD-RW のファイルシステムのよう。 ファイル名なし、拡張子のみのファイルをコピーするタイミングで出ていたブルーバックの模様(詳細:2003/01/25)。 ただ、頻度から言ってそれだけでもなかった気はするけど、どっちにしろ、この後一度 CD-RWドライブの交換をしているので、バックアップツールは関係ないと思うよ。

2001/04/13(Fri)

[TOP↑] [管理]

InternetExplorerSP2

[TOP↑] [管理]

まだ英語版しか出てないときから、掲示板なんかで評判の宜しかったIESP2。 今日日本語版が出てることに気がついて早速ダウンロード。 まだ使ってないから、何がどういいの下よく判んないけど。 ただ、8MBダウンロードに30分というのは、毎度のことながらちょっといやん。

2001/04/26(Thu)

[TOP↑] [管理]

ドライバを完全に把握する。

[TOP↑] [管理]

ずーっと、ドライバってのが何か解らなくて、解らないので、なるべく見ないようにしていた。 そうして「ドライバと言うものはなんだかよくわからない」ということが「事実」として固着した。 3月にスキャナが動かなかった時も、ドライバを入れ直せばいいと思いながら自力では出来ず、それ以前にも、他人の「ポインタの動きがおかしい」という相談に、症状を聞いて「マウスのドライバを入れ直せば?」なんて答えておいて、その答えはもちろん当てずっぽうではないものの、「どうやって?」とやり方を聞かれたらどうしようかとヒヤヒヤしたりした (幸い、「入れ直したら直った」という報告が来て、ほっ)。

知人がノートパソコンを買うことになったのだが、「マウスを買ったほうがいいか?」と聞くので、向き不向きだと思うが、私自身はタッチパッドが使いづらいと思ったことはない、と答えた。 ふと思いついて、買うのはもったいないから、うちに余っている全く使っていない新品のマウスを上げる、と言った。 実は最初に兄パソコンを買ったときにサービスで貰ったもので、使わないだろうということは判っていたので「いらない」という言葉がノド元まで出かかったが、対応していてくれたお兄さんがあまりにイソイソと嬉しそうに店内を駆け回って持ってきてくれたので、好意を無碍に断れなかったのだ。 そしてやっぱり、箱を開けることもなく、引き出しにしまい込まれたままになっていた。

「あげる」と言ってしまってからよく考えてみたら、私のパソコンは 98SE、知人が買うのは ME である。 マウスが作られたとき、世の中に ME という OS はまだ存在していない。ってことは使えないのかなあ。

順を追ってゆっくり考える。

  1. 使えないってことはない気がするなあ。
  2. 何か使えるようにする方法があるんじゃないのかなあ。
  3. だって、新しい OS ごとに周辺機器を買い換えるんじゃあ大変だもの。
  4. ええと、「方法」っていえば、ドライバかな。
  5. 多分、新しいドライバっていうのが必要で、それがあれば動くんじゃないのかな。
  6. そうそう、ドライバもソフトなんだから、OS に対応したバージョンを使わなくちゃダメなのよ。

…ん? そうだ…! ドライってバソフトウェアなんだ…!!

「情けは人のためならず」。 これまで漠然と「正体不明でよく解らない」と思っていたドライバの姿が見えた。 ドライバはソフトウェアである、ということが、そもそもよく判ってなかったのだ。 「ドライバは、周辺機器を動かすためのソフトウェア」。

もちろん、ずっと以前にどこかで説明を読んだりはしたけど、「ああ、なるほどね」と合点するには、そのときは何も知らな過ぎて、イメージとしてつかめなかったのだ。 説明を聞いて判らない時は、判るだけの準備が出来ていない。どんなに説明されてもムダだったりする。

マウスの箱を出してきて確認すると、当たり前だが対応 OS には「95・98・98SE」としか書いていない。 さて、こういう場合はどうするかというと、「新しいドライバ」というのが出ていないか、メーカーのサイトに確認に行けばいいんだった気がする。 メーカー名と、箱に書いてある型番で Google検索すると、すぐに探していた通りのページが見つかって、ちゃんとME対応のドライバが出ていた。

よし! これでドライバは完璧に把握した。―――――遅い

補足:どうしてここまでドライバでこんがらかっていたのかという話。

[TOP↑] [管理]

マウスを譲る知人も初心者なので、マウスのドライバの URL だけ書いて渡しても意味不明だろうと、「マウスを動かすのに必要なもの」と簡単に説明を書いた。 書きながら、自分がどうしてドライバでワケが解らなくなっていたのか解った。

例えば、「プリンタ」や「スキャナ」のような、「自分で買ってきたハードウェアの、自分でインストールするドライバ」だけなら、比較的簡単に「それを動かすのに必要なものだ」と納得できたのかもしれない。 問答無用に「とにかく、それを動かすには必要なの!」と言われても、「そういうもんなのか」と納得する。 けど、「それ以外」のものでこんがらかってしまったのだ。

「キーボード」も「タッチパッド」も「最初から使える状態」になっているので、ドライバなんて意識に上らない。 意識に上らないのにある。それが厄介。 でもこれだけならまだ「それは最初からドライバが入っているから」と説明されれば納得がいったかもしれない。

もっと厄介なのは、「ビデオカードのドライバ」「サウンドカードのドライバ」「モデムのドライバ」等々、見たこともなければ存在すら知らないデバイス類のドライバ。 ノートパソコンだと特に、ディスプレイやスピーカーを、「パソコン本体」と切り離しては考えない。 私にとっては「存在していない」のと同じ。「存在してないもの」を動かすための「何か」って、なんだ!?

ここでドライバについての一切が「雲を掴むような話」になってしまった。 それに引きずられてしまって、スキャナのドライバもビデオカードのドライバと同じ、幽霊になっちゃった。

でも「ドライバは解らない」思い込んでる間に、「どうやら、ノートパソコンのキーボードの下には、"見たことのないデバイス" が沢山埋っているらしい」と気が付いてた。 人に「ドライバとは」を説明しようとしたら、自然に「周辺機器を動かすためのもの。ただし、"周辺" って言っても、最初から内部に入ってるものもあるから、こんがらかるのよね」という言葉が浮かんだのだった。

とはいえ、「キーボードの下に何が埋っているか」完全に把握したわけじゃあないので、いつか自作をしたいなあ、と思うのだった。 自分でくっつけた機械に、自分でドライバを入れれば、そりゃあ完璧に把握できるはず。

さらに追記。Googleさん。

[TOP↑] [管理]

ここに Google というのが出てきてるぞ。

最初の頃インターネットに馴染めなかった理由の一つに、「検索してもマトモに欲しい情報が見つからない」というのがあった。 何百とヒットしても、その中のどれが欲しい情報なのか、一つ一つ上から順に見ていくうちにメゲてしまって、結局見つからないまま放り出してしまっていた。 「インターネットで検索なんて、使えない」。

そんなトコロに、どこかの掲示板で Google というのを覚えてきて、使ってみたら、本当に欲しい情報が上のほうに来るので一気に快適になったのだった。

| むず痒いパソコン日記 || category:むず痒いパソコン日記/2001 || ≪3月 | 5月≫ |

shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage || [edit]
select css: default | sakura | mono | greenheck | snow | NN4.x用(多分) || LinuZau!! | VikiWiki!? || others |

管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || PUT