管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || アンテナ || PUT || more≫ ≫omit
shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage ||[edit]
category: どうでもよい話1

どうでもよい話1/006 - その051〜060

LastModified : Fri Jun 4 19:22:36 2004
[管理]

その051〜060

| むず痒いパソコン日記 | どうでもよい話 || 前のどうでもよい話 | 次のどうでもよい話 |

051_ 小さい順。

[TOP↑] [管理]

日本では、大きなほうから順に書くでしょ。そんで欧米(ホントは欧はあんまり知らない)では小さなほうから書く。

とりわけ住所は、「向こうの郵便屋さんは困らないのかな」って思ってたわけ。 やっぱり「目的地に向かう」時は、いきなりゴール付近の小さい目印をいわれても困るわけで。

で、パソコン使い始めて間もない頃、つくづく思ったのが、「アメリカ生まれの Windows、ファイルのアドレスが逆順じゃなくてよかった」ってこと。例えば、

みたいにね。 ただでさえ色んなことでこんがらがってんのに、その上、アドレスを逆から読むなんてヤヤコシイこと、どんどん混乱が深まってしまう。

そんで、「ほらね、大きなトコロから言う方が理に適ってんのよ」と思ったのだった。

2003/02/28(Fri)

053_ 納得。

[TOP↑] [管理]

今でこそ、無線LAN に何の不思議も感じないでいるわけですが、最初に赤外線で通信してみたときには、えらい不思議な気がしたものです。

「なんで、"線" がないのに、ファイルが伝わっていくの?」

ええと、家の電話はコードレスです。でも、電話は「音声」なのです。「空気」を伝わって何の不思議があるでしょう。 テレビにもステレオにもエアコンにも、リモコンがついてます。…いや、なんか、それくらいは、「何となく」伝わることもあるんじゃないかなぁなんて…。

でもよく考えると、「一体どうやって "線" の中をファイルが通っていくのか」だって不思議です。 突然、電話線の中を小さな人が通っていき、駅のホームに草履を脱いで汽車に乗る時代の人になってしまう、21世紀人。

でも、理屈ではないのです。「だってなんだか不思議だわ」と思ってしまうのは、どんなに理屈を説明されようが、納得のいくものではないのです。

* * *

で、今突然、「納得できない」と思ったのは、Web 検索。たった 3BG 程度の HD から「特定の文字列を含むファイル」を検索するのに何十秒と時間が掛かっておきながら、例えば [sbox] を [ウェブ全体から検索] して [約114,000件 検索にかかった時間0.25秒] ってのは、どうしたって納得のいくものではありません。

いいえ、リクツを説明しないでください

2003/03/23(Sun) 00:56:48

054_ 証明。

[TOP↑] [管理]

知人約1名は、私がミスの多いそそっかしい種類の人間だということを、どうしても認めない。 「私って、ほんと、タイプミスが多すぎる」「そんなことないでしょ」。 知人は私のタイピングの様子を観察したことがないから、「そんなことない」と思う根拠は知らない。

「プログラム書いてる人とかって、何であんなに間違えないで書けるのかな。すごいなぁ」「いや、間違えてるでしょ」 「頻度の問題。私なんか、プログラムとか書いてると、5行程度に3箇所も4箇所も、酷いときには1行に3箇所くらい間違いがあったりするんだよ」「いやぁ、普通そんなもんでしょう」「だって、そんなに間違えてたら何千行何万行のプログラム書くのなんかムリでしょ」「そんなことないでしょ、書けるでしょ」「書けません。何万行で5行に3箇所ずつ間違いがあったら、動くまでにどれだけ掛かるのよ」「いや、だからデバッグっていうのは、そういう作業なんだって」

過去2・3度、こんなやり取りをしている。 もしかして、私にはタイプミスが多い、という事実を隠蔽しておかないと、この知人に何か不利益が生じるのだろうか…。

* * *

そしてまた、うっかり知人の前で呟いてしまった。「直しても直しても、まだどこか間違えてる…。何でこんなに間違えるんだろ」「いやぁ、普通そんなもんでしょ」。今日こそ片をつけてやる。

「だってね、私だって、日本語を入力するときは、もうちょっとマシなのよ。間違えたって、ざっと目を通せばすぐに間違えた場所を探せるし。日常的にプログラムを書いてる人間が、日本語と同じだけスラスラ書けるのかどうかは知らないけど、要は慣れの問題で、例えば日本語で「を」と「お」を間違えるような、バカなミスはしないわけでしょ」「ま、そうだね」

よぉし、やっと解ったか。そう、「何で間違えないか」なんてのは、解ってる。「慣れてるから」。 でも、そこに至るまでの道のりを考えると、やっぱり「すごいな」と思うじゃないの。 私は、何でもかじって喰い散らかして、とっとと次に移ってしまう。 色んなことについて、「普通よりちょっと熱心」に取り組むけど、ものにするまで食い下がるだけの、根気はない。

それにしても、この知人と話していると、時々「自分がどんなに無能な人間か」を力説することになって、とても空しい。 私は口頭で出される「繰り上がりのない 1桁+2桁 の足し算」を暗算では出来ない。 「算数」が苦手以前に、「瞬時記憶」の能力に難があって、出題にある数字3つを覚えられないからだ。 「いや、普通そうでしょ」と言われて、私は九九を覚えられなかったことや、時計の数字を瞬時に読めないことや、パスタの茹で上がり時間を覚えられないことや、「数字」と「記憶」について、自分の無能の証明に躍起になるのだった。

2003/03/25(Tue) 02:34:29

055_ 切り取り。

[TOP↑] [管理]

ちょっと前にある掲示板で、「あるホームページをローカルに保存して見ていたが、先日削除した。もしかして自分は大変な事をしてしまったのだろうか」という相談を見かけた。つまり Web 上のデータを自分が削除してしまったんじゃないかと心配しているのだった。

Donut というタブブラウザには、文字列選択、Ctrl+X が出来てしまうという、(多分)バグがある。私は時々、Ctrl+C のつもりで X を叩き、ザックリと文字列を切り取って「あ、やっちゃった」と心の中で呟く。どうせなら Ctrl+Z も出来てくれればいいのに。

時々、意味もなく、「お前なんかこうしてやる」と言って、Ctrl+A Ctrl+X したりもする。

2003/06/21(Sat)

056_ 私のペット。

[TOP↑] [管理]

うちの犬 は、人の足を踏んづけて平気で乗っかったままでいたくせに、自分の足をちょっとでも踏まれようものなら、キャヒンキャヒンと大騒ぎでした。何よ何よ、謝ってるんだから、そんなに盛大に痛がって見せなくてもいいじゃないのよ…。ちぇ。

こんぴうたは、自分は時々間違えて勝手に終了宣言、私に甚大な被害を及ぼすくせに、私の間違いを許さないのはずるいと思います。何よ何よ、セミコロン一つ忘れたくらい、この間ファイルを破壊されたのに比べたら、お釣りが 2万8千円は来たっていいわよ。

2003/06/22(Sun)

そして今日はピリオド。

[TOP↑] [管理]

使っていた CGI がバージョンアップされてたので、新しいのを上げたら Internal Server Error。ぐおりゃ。なにを間違えたやら、とりあえずバックアップしておいた古いのを丸ごと上げ直したら、今度は Lock is busy とか言われてしまう。…はい? こっちはもう、原因を考えるだけめんどくさい。仕方なく新しいほうをなんとか動くようにしようとするんだけど、そうこうしている間にもアクセスがあるかもしれない。焦る焦る。なんだって、こんな「よく人の来る時間帯」に CGI の差し替えを始めちゃったかな。

結局、デフォルトの設定の ../lib を ./lib に変えるのを忘れただけだったんですけどね。何よ何よ、ピリオドの一つぐらい、何だってのよ。気の利かないことこの上ない。

2003/06/23(Mon)

057_ 「そうそう、それ」。

[TOP↑] [管理]

知人から電話があって、ついでの話で「ところで Windows の再インストールってどうするの?」と聞かれる。

彼女のパソコンは、「メーカー製の、リカバリ CD 使うんじゃなくて、普通の Windows 2000 の CD だよね?」ということを確かめたいんだけど、なんだか怪しげな「うん、そうそう」という返事しか返ってこない。彼女の、こういう軽い「そう」という相槌はとても信用ならないんだけど、とりあえず、リカバリ CD しか使ったことのない私は、「やったことないから知らない」と答える。

それより、「なんで再インストールなんかするの?」。 「なんか、OE が起動しなくなっちゃって」 「それだけ? 他は何ともないの」 「うん、何ともない」 「直せるんじゃないの? とりあえずは他のメーラー使っておいて」 「サポートにも電話して色々やったけど、ダメみたい。ファイルとかどんどん捨てちゃったし」 「ファイルを捨てたの!? なんで!?」 「あ、捨てたって言うか、外に出したの」 「…外に出した…?」 「だって、全部消えちゃうんだよね? 再インストールしたら」 「…もしかして、バックアップしたってこと? 再インストールするために」 「そうそうっ!! それっ」 ほらね、さっきの適当な「そう」とは全然勢いが違う。 どうやら、「バックアップも取っちゃったし、再インストールする方向で考える」と言いたいらしい。

で、この後ちょっと会話をしたところ、やっぱり「リカバリ CD」は通じていなかったことが判明したりしたんだけど、彼女は状況を説明したり、あるいは説明を聞いたりするのが面倒になったらしく、「あ〜、もういいや」と言って話を打ち切ったのだった。

彼女の名誉のために言うと、彼女の口からは度々「あ〜、もういいや」という台詞が発せられるんだけど、さほど非礼な感じのするものでもない。「アンタはアテにならない」という宣告より、「まぁ、なんとかなるでしょう」といった、彼女の楽観的な性格を表した感じのものだ。

2004/06/04(Fri)


| むず痒いパソコン日記 | どうでもよい話 || 前のどうでもよい話 | 次のどうでもよい話 |

shortcut: FrontPage || WikiLab | StoreRoom/最新 | 日々の泡 | むず痒いパソコン日記/最新 || HelpPage || [edit]
select css: default | sakura | mono | greenheck | snow | NN4.x用(多分) || LinuZau!! | VikiWiki!? || others |

管理 | 差分 || 新規作成 || カテゴリ一覧 | ページ一覧 | 更新履歴 | 差分履歴 || PUT